検索
 HOME > 硬式野球部

壇上で挨拶する善波監督

硬式野球部  春秋連覇をたたえ祝賀会が開催される

◆1・13 東京六大学リーグ戦春秋連覇優勝祝賀会(アカデミーコモン)
 明治大学アカデミーコモンでリーグ戦を38年ぶりに春秋連覇した硬式野球部を祝福するために優勝祝賀会が開催された。優勝祝賀会には部員全員が出席し来賓者たちと談笑するなど終始和やかな雰囲気で執り行われた。

 善波達也監督は「日頃から学長はじめ学校関係者の皆様にはとてもいい環境をつくっていただいている。それに甘んじることなくもっと上を目指していきたい」と決意を新たにした。前主将の中嶋啓喜(法4=桐蔭学園)は「現役の後輩たちには長い冬を乗り越えて、春にリーグ戦3連覇。さらには自分たちが果たせなかった選手権での優勝を果たしてほしい」と後輩に思いを託した。「本日も早朝からランニングなど体を鍛えるトレーニングをしたり、既に目標に向かって動き出している」と善波監督。76年ぶりのリーグ戦3連覇へ、チーム一丸となって向かっていく。

[箭内桃子]


コメント
善波監督
「年始の忙しい時期の中、お祝いいただきありがとうございました。本日も早朝からランニングなど体を鍛えるトレーニングをしたりと、既に目標に向かって動き出しております。卒業していく4年生には春秋連覇に対し、良く粘ったなという気持ちを伝えておきたいと思います。3年生以下には4年生が果たせなかった日本一奪回を一緒に達成しようということを伝えたいと思います。日頃から学長はじめ学校関係者の皆様にはとてもいい環境をつくっていただきました。ただそのことに甘えることなくもっと練習をしてもっと上を目指していこうと思います。ОBの皆様、現場の皆様とともに一体となって高い目標を持ってやっていこうと思いますので引き続きご支援、ご指導のほどよろしくお願いします」

中嶋
「本当に応援してくださる皆様のご尽力あっての春秋連覇でした。しかし自分たちは選手権での優勝を逃してしまったので、現役の後輩たちには長い冬を乗り越えて春にリーグ戦3連覇、さらには自分たちが果たせなかった選手権での優勝を果たしてほしいと思います」


ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: