検索
 HOME > ラグビー部


八幡山日誌  (113)慶応との伝統の一戦に向け闘志燃やす  

 
 対抗戦5戦目の慶応戦を翌日に控え、選手たちは八幡山グラウンドで汗を流した。セットプレーや接点の部分など一つ一つのプレーを確認。圓生正義主将(政経4=常翔学園)らが積極的に声を出し、最終調整を行った。
 現在3勝1敗の明治は優勝に向けて負けは許されない。FWリーダーの比果義稀(文4=京都成章)が戦列に戻ってきた。「何か印象に残るプレーをしたい」と意気込む。前節の日体大戦で復帰した圓生、西村雄大(農4=高鍋)ら4年生の存在は大きいだろう。対する慶応も大学選手権出場に後がない状態。春の対戦では21―19の僅差で明治が勝利を収めているが、対抗戦初戦で筑波大を破るなど地力は高い。「何が何でも勝ちたい」(西村雄大・農4=高鍋)と選手は勝利にこだわる。伝統校同士の一戦を制し、優勝争いに加わりたい。

[坂本寛人]

◆対抗戦 対慶応戦の先発メンバー&リザーブ◆
1.PR勝木 来幸(営3=常翔学園)
9.SH田川 明洋(政経4=天理)
16太田 竣介(商4=明大中野)
2.HO牛原 寛章(政経3=佐賀工)
10.SO田村 熙(営2=国学院栃木)
17橋口 敬生(政経4=長崎南山)
3.PR須藤 元樹(文2=国学院久我山)
11.WTB小澤 和人(営4=国学院久我山)
18松波 昭哉(政経3=東福岡)
4.LO比果 義稀(文4=京都成章)
12.CTB川田 修司(情コミ2=桐蔭学園)
19大椙 慎也(法3=国学院久我山)
5.LO寺田 大樹(文3=秋田工)
13.CTB西村 雄大(農4=高鍋)
20安永 賢人(営2=長崎北)
6.FL上田 宥人(政経2=東海大附仰星)
14.WTB加納 遼大(文3=常総学院)
21 茂木 直也(商4=深谷)
7.FL桶谷 宗汰(営1=常翔学園)
15.FB村井 佑太朗(政経3=秋田工)
22西橋 誠人(商3=桐蔭学園)
8.No.8圓生 正義(政経4=常翔学園)

23紀伊 皓太(文2=日川)


練習後のコメント
丹羽政彦監督

「慶応も新しい体制の戦い方が浸透してきて侮れないチームであり、初戦にケガしたメンバーが帰ってきているので気を付けたい。互いにベストメンバーなので、全てを出し切らないと。BKが強力だがいつも言っている前に出るタックルを徹底すれば止められる。アタックにしても相手のディフェンスが堅いことを考慮した上で、ポゼッションを高めて相手にアタックのチャンスを与えていかないようにしたい。まだまだ伸びしろがチームとしてあるので、慶応に勝つことで成長を実感して欲しいと思う。この1ヶ月でさらに伸びることができる」

No.8圓生正義(政経4=常翔学園)
「コミュニケーションが取れていないと感じていたので、今回の練習では声を出すことを意識させた。試合に出ていない人と出ている人の温度差が多少あったので話すことで少しでも解消したかった。慶応のメンバーを見ると完全に合わせてきているので、気持ちで負けないようにしたい。BKだけではトライが取れないと思うので、FWが助けてあげられればと思う。今まではボールを持ったら前に突っ込むしかなかったFWの意識がだいぶ変わってきているのでそこを見てもらいたい。明日は観客席がいっぱいになると思うので楽しむ余裕を持てるようにしたい」

左PR勝木来幸(営3=常翔学園)
「次の慶応戦はとても大事な試合だと思っている。絶対に負けられないというのが第一。向こうはタックルがすごいので、それに負けないアタックをしてどんどん前に出て勝負したい。昨日の練習はミスが多かったので、今日はみんなで話し合っていい形で終わろうとした。だから練習でもコミュニケーションが取れていたので仕上がりとしてはいい感じ。(明日は)とにかく勝ちにこだわってチームのために体を張り続けたい」

HO牛原寛章(政経3=佐賀工)
「早稲田と帝京大と続くが、とりあえず慶応に勝たないと。ここで勝てればその後の試合に流れが持っていける。BK戦が注目されているが、だからこそFWはセットプレーもブレイクダウンも圧倒したい。日体大戦ではトライが取れたが、慶応戦ではトライにこだわらずチームの勝ちにこだわっていきたい。4年生が戻ってきたことでチームの雰囲気が良くなってきたと思う」

右PR須藤元樹(文2=国学院久我山)
「3フェーズのアタックの成功率80パーセントを目標にこの1週間練習に取り組んできた。昨日は普通にミスするなど雰囲気が悪かった。でも今日は声も出ていたし良かった。日によって差がある。その差を無くさなくてはいけないと思う。チームが沈んでいる時、自分が声を出せるようにしたい。明日は勝つことが大前提。そして3フェーズ80パーセント以上をコンプリートしたい。個人的には自分はフロントローなので、セットプレーを安定させること。慶応も後がないので必死に来るはず。しっかり慶応の流れを止められるようにしたい」

左LO比果義稀(文4=京都成章)
「復帰戦なのでグラウンドにいることをアピールしたい。チームのいろんな思いを背負っているので負けられない気持ちがある。練習に復帰したのは2週間前から。今のチームには波があり、昨日の練習は良くなかったが、まとまったら強いチームなので明日はそうなればいい。慶応は次負けたら選手権に出られないので死ぬ気でやってくると思う。何か印象に残るプレーをしたい」

右LO寺田大樹(文3=秋田工)
「昨日の練習は雰囲気が悪かったが、今日は特に4年生が声を出して盛り上げていた。明日の相手の慶応は、ラインアウトのバリエーションが多くて怖い部分もあるので、セットプレーからプレッシャーをかけていきたいと思う。ディフェンスも強いタックルでくるので、そこを崩していきたい。明日の試合を負けたら危ない状況になる。それは慶応も同じなので、気持ちで負けないように頑張りたい」

右FL桶谷宗汰(営1=常翔学園)
「相手が慶応なので伝統があるし、OBの方々もたくさん来られるそうなので絶対負けられない。(慶応は)アタックが強い選手をがつがつ当ててくるチームで、ポジション的に自分が止めなければいけないと思っている。ディフェンスで抑えていかないと明治は勝てないと。点差を拡げ、できれば相手を0点に抑えたい。昨日のAチームの練習はミスが多く雰囲気が悪かったが今日の最後の合わせではいいイメージで終われたので良かった。伝統校との試合での1年生でスタメンというのは緊張するが、日体戦の時のようにいいアタックをして勝利に貢献したい」

SH田川明洋(政経4=天理)
「相手の弱みと強みを研究して練習してきた。9番のディフェンスの弱さと外にスペースがあることを突ければ良い。BK練習でやってきた、ブレイクダウンで相手を掴んで押し切るということ、簡単なミスを無くすということができれば勝てると思う。(慶応戦は)対抗戦での大事な一戦。勝つか負けるかで大きく変わってくる。勝ちにこだわっていく」

SO田村熙(営2=国学院栃木)
「日体大戦をはさんで、筑波大戦から強い相手との2戦目の試合になる。多くのお客も入ると思うし、とにかく明日は勝ちたい。昨日は練習の雰囲気が悪かったが、今日は修正できたので良かったと思う。筑波大戦からディフェンスと細かいコミュニケーションを特に意識してやってきた。個人としては、スクラムからのアタックをSOにぶつけてくるのでディフェンスが大事。明日はそこがうまくいけばいい。やることをやる。僅差になると思うが、いつも通りやりたい」

左WTB小澤和人(営4=国学院久我山)
「負けられないので絶対勝つ。今日はいい雰囲気で練習できた。自分たちのゲームプランを出すだけ。やることはやってきた。11番で出ることができる。観客がたくさんいる中試合ができるのは楽しみだし緊張もある。とにかくトライを獲り切りたい。慶応はケガ人が復帰してきたが、9番が弱点なのでそこを狙う。そうすれば勝てる。勝ちたいという気持ちが強い方が勝つと思う」

左CTB川田修司(情コミ2=桐蔭学園)
「明日の試合の結果は慶応にとって重要なものなので、あっちは必死になってくると思う。こっちも気持ちを入れていきたい。(慶応は)センターの二人と、明日はウィングの児玉選手に注意したいと思う。今日までを振り返ってみると最初はミスが多くて雰囲気もよくなかったが、今日は明日の試合に向けていい雰囲気でできた。声を出してコミュニケーションを取り、試合も近いので集中してやるということを意識してやった。明日は、相手にではなく自分に矢印を向けて必死に頑張っていきたいと思う」

右CTB西村雄大(農4=高鍋)
「今日の練習は良い雰囲気だったし、ミスにも厳しくできていた。今までの練習で一番良かった。明日はビッグゲームで絶対に負けられない試合なので、明日に向けて良いはずみになったと思う。明日の慶応戦は1人1人が体を張って、細かいことは気にせず、今までやってきたことをやることが勝利につながる。相手も長身の選手をそろえてきているので、前に出させず止めていくことが大事だと思う。ここで負けたらシーズンが終わるというくらいの気持ちでやって、何が何でも勝ちたい」

右WTB加納遼大(文3=常総学院)
「明早戦と同じように伝統校同士の試合なので明治として恥じないように試合をしたい。相手のメンバーを見て全員体がでかかったので、フィジカルで絶対負けないように前に出てディフェンスしたい。昨日の練習は少し雰囲気が悪かったが昨日の夜にみんなで話し合って改善したので今日はすごいいい練習ができた。ミスしてからの雰囲気を大事に意識していた。明日はまた日体戦の時のようにトライを取りたい」

FB村井佑太朗(政経3=秋田工)
「昨日の練習はあまり良くなかったが、今日はそこを修正して皆でコミュニケーションを取れたので、試合前の良い準備になったと思う。慶応に20〜30点くらい取れる力はある。慶応はサイズが大きめの選手をそろえてきていて、そこをBKがフィジカルで負けないようにディフェンスをしっかりとすれば勝てるので、ディフェンスはゲインを切らさないようにしようと思う。自分は筑波大戦以来の復帰で、チームを離れていたので、体を張ってチームに貢献できればいいです」

太田竣介(商4=明大中野)
「途中から入って流れを変えるようなことができたらいいなという感じ。慶応には負けたくないという気持ちは強い。仕上がりはいい感じで、徐々にまとまってきてるのかなという風に感じる。今日の練習では4年生、特に主将の圓生、副将の西村が中心になって引っ張るというのを意識した。ミスが起きても、とにかくチームでまとまって一つになって雰囲気よくやっていこうとした。明日は勝ちます」

橋口敬生(政経4=長崎南山)
「4年生で最後の年なので、一つも試合を落としたくない。まだまだレギュラーに定着できているわけではないが、自分の役割に徹している。下のチームだと様々な役割を担っていたがAチームでは、セットプレーでチームに貢献するという役割が明確になっている。まだまだ一試合走り切れるだけの体力がないので、つけていかないとレギュラー定着は難しい。相手ボールスクラムを全てターンオーバーするくらいの気持ちで明日の試合に臨みたい」

大椙慎也(法3=国学院久我山)
「昨日は精度が悪かったが、今日はミスもあるものの声が出ていて良かったと思う。明日の慶応戦は明治のラグビーをするだけ。前へ前へとやりたい。明日に向けてブレイクダウンが課題。また、自分たちのミスで負けている試合もあるので、そういうところの精度を上げていきたい。試合に出ることができたら全力で頑張りたいです」

安永賢人(営2=長崎北)
「筑波戦ではタックルがダメで日体大戦では外されたので、タックルを中心に練習してきた。セレクションマッチの東海大ではタックルが評価されたと思う。慶応戦ではタックルでチームを盛り上げられるようにしたい」

茂木直也(商4=深谷)
「下のチームが仮想慶応をやってくれたので良い準備ができた。取れるところで取り切ることが大事だと思う。昨日の練習ではチームの雰囲気が悪く、暗くなってしまったが、チームでしっかり話し合ったので大丈夫。試合に出場して、慶応にしっかり勝ちたい」

紀伊皓太(文2=日川)
「昨日はミスが目立っていたが、今日は修正できていた。Bチームのメンバーが慶応のプレーを研究してくれて、練習に付き合ってくれた。慶応がやってくることは練習してこれた。試合ではBチームがやってくれたような形で慶応がやってきても止められると思う。慶応は縦に強い選手が多いので、前に出てタックルに入ることが勝つためのカギ。ディフェンス重視でやりたい。リザーブスタートとなるが、どんな状況で出番が来るかは分からない。万全の準備をして、試合に出たらしっかりタックルして、トライを取るというよりゲインをする役目なので、チームの流れを作れるように全力でやりたい」


「スカパー!」では対抗戦を生中継しています!!
・11/3 13:53〜 J SPORTS 1(BS242) 帝京大学VS早稲田大学【生中継】
・11/17 13:53〜 J SPORTS 2(BS243) 帝京大学VS明治大学【生中継】

(お問い合わせ先)スカパー!カスタマーセンター 0120・097・992(受付時間10:00-20:00 年中無休)
またはスカパー!公式サイトへ


特集サイトURL→http://www.skyperfectv.co.jp/special/studentsports/rugby/)

●八幡山日誌のバックナンバー

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: