検索
 HOME > 硬式野球部

粘りの投球が持ち味の澤田圭


東京六大学野球 2013〜秋〜  (15)立大との接戦を制し首位死守だ! /立大戦展望  

 再び頂点へ――。春は16試合にも及ぶ激闘を制し、粘りの野球で35度目のリーグ優勝を果たした。夏の厳しい練習を経て。さらに戦力は充実。1975年以来、チーム史上4度目の春秋連覇、そして春は逃した日本一を目指す。
 第2カードの早大戦で勝ち点を獲得し、首位に立つ明大。今週の相手は昨季、3季ぶりのAクラスとなる3位となった立大だ。昨季は3試合とも接戦となった。今季も接戦が予想される。難敵に粘り勝ち、優勝へ弾みをつけたい。

 2人の右腕が立ちはだかる。1回戦は澤田圭、2回戦は齋藤の先発が予想される。澤田圭は昨季に先発としてリーグ2位の防御率1.56を記録するなど、1年生離れした投球を見せた。今季も3試合に先発して2勝(0敗)、防御率1.23の好成績を残している。齋藤は昨季、防御率1.13で最優秀防御率を獲得し、エースに成長した。8月中旬のケガの影響で調整の遅れが心配されたが、今季ここまで3試合に登板し、14回1/3を投げて防御率0.00。9月21日、22日の法大戦はこの2投手の好調ぶりが光る試合であった。1回戦に先発した澤田圭は何度もピンチを背負うが、要所で粘り切って1失点完投勝利。2回戦に先発した齋藤は、切れ味鋭いスライダーを武器に、三塁すら踏ませない圧巻の投球で被安打2の無四球完封勝利。昨季リーグトップのチーム打率3割2分5厘を残した強打を誇る法大との2試合をわずか1失点にまとめ、チームに勝ち点をもたらした。2投手共に制球力が持ち味であり、打ち崩すのは容易ではない。少ないチャンスをものにできるかが試合のカギとなりそうだ。

打率5割7分1厘、打点8と絶好調の岡部<
打率5割7分1厘、打点8と絶好調の岡部
 
 打線は4番に座る岡部に要注意だ。ここまでリーグトップの打率5割7分1厘、打点8と驚異的な成績を残している。また、5試合すべてで打点を記録しておりその勝負強さは群を抜いている。「1、2番の大城と安田でチャンスをつくってもその後ろがランナーを返せないことが多かった」(大塚監督)と昨季は決定力不足に泣いた。しかし、今季は岡部が主軸として機能し打線につながりが出てきた。岡部の前に走者を出したくない。岡部の前後を打つ大城と平原にも警戒だ。共に昨季打率3割を超えているなど打力は十分である。

 一方で守備には不安が残る。今春はリーグ最少の3失策と抜群の安定感を誇った守備陣であったが、今季は既に7失策。特に慶大3回戦では1点リードの9回無死二、三塁の場面で、慶大・横尾の振り逃げを捕手の平本が一塁へ暴投。二者が生還し逆転サヨナラ負けを喫した。守備が乱れてと一歩のところで勝ち点を落とした。昨季無失策の大城も既に2失策を犯すなど、ここまで5試合で無失策試合はない。明大は相手のミスに乗じて得点を奪いたい。

 接戦をものにする。明大は山崎福也投手(政経3=日大三)、関谷亮太投手(政経4=日大三)が軸だが、その2人を上回る活躍を見せるのが上原健太投手(商2=広陵)だ。チームトップの4試合に登板し10回2/3を投げて防御率0.00と絶好調だ。最速148kmの速球にスクリューやフォーク、スライダーなどの多彩な変化球を操る。「2人が苦しいときにカバーできるようにしたい」(上原)と先発、救援で山崎と関谷の2人を支えている。打線は福田周平内野手(商3=広陵)、高山俊外野手(文2=日大三)が好調を維持している。ここまで不調だが昨季の立大戦で打率5割の菅野剛士外野手(法2=東海大相模)ら主軸が走者を返し、投手陣を援護したい。明大は現在勝ち点2で首位に立つ。優勝へ向けて、一戦必勝で臨む。

[森光史]

応援へ行こう!
対立大戦 
10月5日 11時試合開始予定(三塁側)
10月6日 14時試合開始予定(一塁側)

神宮球場アクセス
・東京メトロ銀座線 外苑前駅より徒歩3分
・都営大江戸線 国立競技場駅より徒歩7分
・JR総武線 信濃町駅より徒歩7分 千駄ヶ谷駅より徒歩10分



過去の立大戦成績
シーズンスコア成績
13年春○5−3優勝
●0−1
◯1−0
12年秋●0−24位
○7−2
○5−4
12年春●2−64位
○12−0
○14−0
11年秋○7−5優勝
○7−0
11年春○3−14位
●3−4
●1−3
10年秋○5−44位
●0−3
○11−7
10年春●2−53位
●5−6
09年秋●1−2優勝
○3−2
○3−0
09年春○9−03位
○2−0
08年秋●1−33位
○1−0
○11−3
08年春△2−2優勝
○3−0
●2−3
○3−0
勝敗表 第3週 10/4現在
試合勝利敗戦引分勝ち点勝率
明大---  ◯●◯  ○○54102.800
慶大  ---●◯◯  △●○○  74212.667
立大  ○●●---  ○○    53201.600
早大●○●    ---◯◯  53201.600
法大  △○●●●●---  61410.200
東大●● ●●    ---40400.000



●東京六大学野球 2013〜秋〜のバックナンバー

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: