検索
 HOME > 硬式野球部


明大スポーツ瓦版 -2013-  (10)東京六大学野球秋季リーグ戦 早大戦瓦版配布のお知らせ   

 
 宿敵を下し、優勝戦線をリードする。開幕戦で山崎福也投手(政経3=日大三)が8回1安打と好投すると、東大2回戦で福田周平内野手(商3=広陵)の4安打を含む19安打で16得点。春秋連覇へ好スタートを切った。第2カードで対する早大は154km右腕・有原、日米野球大学日本代表の中村といった3年生がチームをけん引している。

5人で3三振
 投打に強敵が控えている。早大はエース有原を筆頭に吉永、完全試合を達成した高梨など投手層は厚い。有原は2試合とも先発せず、東大2回戦9回にみ登板。自己最速タイの154kmもマークすると、打者5人で3奪三振。圧巻の投球だった。打線では日米野球大学日本代表でもレギュラーとして活躍した3番中村が好調。東大2回戦では2打席連続本塁打を放った。4番に座る小野田も2試合合計6打数4安打と怖い存在だ。

連覇へ好発進
 明大も幸先の良いスタートを切った。開幕戦では山アが東大1回戦で8回1安打と好投。変化球を中心に、コースを的確に突く安定感のある投球を見せた。さらに星知弥投手(政経1=宇都宮工)が東大2回戦で自己最速を4km上回る154kmをマーク。剛腕ルーキーが早大の強力打線をどこまで抑えられるかにも注目だ。
 
 東大2回戦では打線が爆発した。1番福田が5打数4安打2打点と大活躍。有原は高校同期というだけにライバル意識も強い。打線全体の課題だった勝負強さも付いてきた。好機を確実にものにし「つなぐ野球」で剛腕を打ち崩す。3季ぶりの優勝を狙う早大と連覇の懸かった明大。ここでの勝利が優勝への道を大きく左右する。

[中田宏明・西谷侑紀]



応援に行こう!
9月28日 10時半試合開始予定(一塁側)
9月29日 13時半試合開始予定(三塁側)

神宮球場アクセス
・東京メトロ銀座線 外苑前駅より徒歩3分
・都営大江戸線 国立競技場駅より徒歩7分
・JR総武線 信濃町駅より徒歩7分 千駄ヶ谷駅より徒歩10分

こちらの瓦版は以下の日程で配布します。ぜひ手に取ってご覧ください!部数に限りがありますのでお早めに!
9月28日 10時〜10時半 神宮球場正門前
9月29日 13時〜13時半 神宮球場正門前


●明大スポーツ瓦版 -2013-のバックナンバー

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: