検索
 HOME > バドミントン部

バドミントン部  男子は4連勝。女子は日体大に及ばず惜敗/関東大学秋季リーグ戦

◆9・14〜22 平成25年度関東大学バドミントン秋季リーグ戦(日体大米本記念体育館)
▼男子(2部リーグ)
 ○明大4―1立大
  水間○2―1
  佐藤○2―1
  小林・櫻井組○2―0
  中木・藤井組○2―0
  山口●0―2
▼女子(1部リーグ)
  明大1―4日体大○
  伊藤●1―2
  森●0―2
  池田・久保組●0―2
  木村・瀬川組○2―0
  佐藤●1―2
いよいよ秋季リーグ終盤4日目。男子は3連勝で早々とチームの勝利を決めて無敗をキープ。女子は粘りつつもダブルスの1勝のみと惜敗した。


 勝利でチームに勢いをつけたのは水間陽介(政経1=札幌一)だった。今回のリーグ戦ではシングルスで安定したプレーをしているが「昨日の試合がよかったので、今日の試合は緊張しました」と1セット目を落とす。しかし、そこから徐々に調子を上げていき、2セット目には持ち味である高い打点からのスマッシュで7連取した。その後も流れを渡さず勢いそのままに2、3セット目を奪ってセットカウント2―1で勝利を収めた。続いて第2シングルスの佐藤尚紀(農3=作新学院)はお互い譲らず1セットずつ取る。混戦に向かうと思われたが、佐藤が初めに5ポイント連取し終始相手にスキを与えず21―8で圧倒した。第1ダブルスの小林俊也(政経2=埼玉栄)・櫻井恵介(政経2=埼玉栄)組は途中ミスが目立つところがあったものの、確実にポイントを重ねた。セットカウント2―0とストレートで白星を飾り、チームとしての勝利を決めた。
接戦を制した小林・櫻井組 <
接戦を制した小林・櫻井組

 一方の女子は1―4と悔やみ切れない結果となった。第1シングルスの伊藤美紗(政経3=聖ウルスラ学園英智)は1セット目からギア全開で勝ち取るが、2、3セット目流れをつかめずに連取され苦汁をなめた。第2シングルスも落とし既に後がない状況に。ここで押し切られたくない第1ダブルスの池田永加(商4=金沢向陽)・久保沙織(農2=高松商)組は1セット目序盤から6ポイント連取される。レシーブで粘り19―15まで巻き返しリードするがそこから得点を入れられず落とす。2セット目でも切り替えることができず敗戦を喫した。チームとしての負けは決まったがダブルスの勝ち頭である木村瞳(文4=埼玉栄)・瀬川桜子主将(農4=埼玉栄)組が相手に引けを取らなかった。「1つでも勝つと明日につながると思ったので頑張った」(木村)と意地を見せ1勝し、チームの士気を上げた。男女で1部の目標を果たすべく、女子は1部残留のために1勝。男子は全勝を果たし入替戦出場を残り1戦に託した。

[西尾健三郎]

今日のコメント
水間

「昨日の試合が良かったので、今日の試合は緊張しました。でもコーチに気持ちでは負けるなと言われていたので、1セット目は落としたけど攻め切れて勝てたので良かった。今日の課題としては自分のプレーが最初からできてなかっったから、できるようにしたいです。明日の試合は全力でぶつかって、ただ勝ちたいです。2部では自分のプレーに持っていければ勝てていると思っています。1部に上がって試合をするのにわくわくしています」

木村
「ダブルスが勝てたのは良かったが内容はあまり良くなったかなと思う。しっかり打つところでラリーしてしまったり、相手のペースに流されてしまったのが良くなかった。もっと攻めたりしていかないとだめなのかなと思いました。負けは決まっていたが1つでも勝つと明日につながると思ったので頑張った。周りはみんな強いチームなので向かっていく気持ちは忘れないようにしたい。接戦で勝てないのはまだまだ足りないところだと思う。最後のリーグ戦なので、勝ち負けは意識しながらも自分の満足するプレーをするようにしたい」

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: