検索
 HOME > バドミントン部


明大スポーツ瓦版 -2013-  (8)上級生の意地見せる 強敵の壁崩し1部上位へ!  

 
 春季リーグでは3年ぶりの1部の舞台を戦った女子。4年生にとっても初めての舞台での戦いは最下位と喜べるものではなかったが、入替戦を制し、最低限の残留は果たした。チームの全体の目標は創部初の「男女で1部」。春の経験を生かし、秋は上位進出を狙う。

主将の真価見せる
 ダブルスの中心となるのは、高校時代からペアを組んでいる瀬川桜子主将(農4=埼玉栄)・木村瞳(文4=埼玉栄)。瀬川は春季リーグ、シングルス・ダブルス両方で出場し、残留に大きく貢献した。1年次からリーグ戦出場の実力者で「口よりも行動で後輩に見せてくれている」(伊藤美紗・政経3=聖ウルスラ学園英智)と仲間の信頼も厚い。ケガに悩まされ2年次は出場機会に恵まれなかったが、最上級生となり真価を発揮している。長年組んでいる木村とのペアは、抜群のコンビ―ネーションから素早いローテーションが武器である。

カギを握る3年生
 1年次から活躍する伊藤がシングルスでは中心となる。春季リーグの入れ替え戦では、チームの3勝のうちシングルスとダブルスで2勝。残留の立役者となった。目標は「シングルスで全勝」と、春に1部を経験したことで雰囲気にも慣れ、チームの勝利のためにシングルスのエースとしての責任も自覚している。
 瀬川・木村組、伊藤以外のリーグ戦のシングルス・ダブルスの枠は、春季リーグで流動的に入れ替えていたために、新たな戦力の台頭もチームの勝利のためには必要となる。来春も1部の舞台で戦うために、ルーキーも含めた総力戦で秋季リーグを戦い抜く。

[今野春佑・関口詩織]



◆秋季1部リーグ戦日程◆
14日 専修大学
15日 法政大学
16日 筑波大学
21日 日本体育大学
22日 早稲田大学

●関東大学バドミントン秋季リーグ戦●
日程:9月14日(土)〜22日(日)
会場:日本体育大学健志台キャンパス米本記念体育館(神奈川県横浜市)
アクセス:東急田園都市線「青葉台」駅降車
東急バス4番のりば日体大行き、終点下車


●明大スポーツ瓦版 -2013-のバックナンバー

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: