検索
 HOME > 硬式野球部


ボールパーク便り  リードを守りきれず駒大に敗戦  

◆9・8 夏季オープン戦(明大グラウンド)
▼対駒大戦
 明大1―2駒大◯
オープン戦
駒大
明大

 8回までリードを保ったものの、9回に駒大打線に逆転を許して1−2で敗れた。

 リードを守り切れなかった。9回に登板した星知弥投手(政経1=宇都宮工)は1死三塁のピンチで駒大の4番江越と対する。力のこもった直球で追い込むも、7球目が死球となりピンチを広げてしまう。その後、江越に盗塁を許して1死二、三塁とされ、駒大の5番福山の右前適時打で同点にされる。さらに1死一、三塁から6番永山の中犠飛で勝ち越しを許した。この試合、先発の今岡一平投手(文3=横浜隼人)は力強い直球を決め球に6回を無失点。その後に登板した3投手も粘りの投球で駒大打線を無失点に抑えただけに、9回の失点が痛かった。

 好機を何度もつぶしてしまった。2、8、9回以外は先頭打者が出塁し得点圏に走者を進めたものの、得点は4回1死一、二塁で7番吉田大成内野手(国際1=佼成学園)が放った中前適時打による1点のみ。前日の勝負強さが鳴りを潜めた。

 2失点の投手陣を責めることはできない。明日はリーグ戦前最後のオープン戦。打撃陣が奮起するかが見どころだ。

[森光史]

◆夏季オープン戦日程表◆
日付対戦相手場所
9・9(月)
日立製作所
明大グラウンド



●ボールパーク便りのバックナンバー

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: