検索
 HOME > 硬式野球部

取材に明るく応じてくれた吉田


ボールパーク便り  ルーキー特集(2)走攻守三拍子揃う期待のルーキー 吉田大成  

毎年恒例のルーキー特集。今年もこれからの明治を担うルーキーたちが入部してきた。その中でも注目の選手を、全8回に分けて特集していく。
 走攻守の三拍子が揃った期待の選手が明大にやってきた。高校では主将で4番を務め、チームを西東京大会準優勝まで導いた吉田大成(国際1=佼成学園)だ。春のリーグ戦では法大2回戦からベンチ入り。同時に先発出場も果たす。新人戦では決勝戦の法大戦で2点適時打を放つなど、優勝に大きく貢献した。

 高校時代の一番印象深かった試合は3年夏の都大会決勝戦、日大三高との試合。1点リードで迎えた9回2死から金子凌也選手(法大)に逆転となる適時二塁打を許し、甲子園出場を逃した。その時のことを「(金子が)一番努力していたことを知っていたので、努力した選手が勝つんだなと思った」と振り返る。それ以来「あいつには負けたくない」という思いが芽生えたという。金子選手は法大へ進学。吉田自身も「六大学で、神宮の地で野球がやりたかった」と明大への進学を希望した。大学でのルーキー同士の再対決にも注目だ。

 自身のアピールポイントは「走攻守」。自信が付くきっかけとなったのは、2年の冬。東京選抜で行ったロサンゼルス遠征で自分の打撃の足りなさを痛感した。「周りがプロに行った選手が多い中で、自分はそんなに体も大きくないので」と、監督にも指導してもらいながらスイングスピードが速くなるよう改善。春には打率も上がり、攻が走守に追い付いた。目標とする選手は、走攻守のそろった松井稼頭央選手(東北楽天ゴールデンイーグルス)だ。

 
新人戦法大戦で適時打を放つ吉田<br><
新人戦法大戦で適時打を放つ吉田
座右の銘は「威風堂々」。自分のプレースタイルを貫きたいという思いからピンときたという。「小さくやりたくない」。打席にたってもボールに合わせるのではなく、思いきり振り抜く。守備においても常に丁寧に全力でやり、自分をアピールするように心掛けている。また野球をする上で意識していることは「上には上がいる」こと。「現状で満足してはいけない、と父にずっと言われていたので」。

 その言葉通り、秋季リーグ戦へ向けては「チームとしては日本一になることです。個人としては、春のリーグ戦は出られたんですけど貢献できたとは言えないので、しっかり貢献して日本一になりたいです」と、現状に満足することなく上を目指す。将来はプロ入りを目指している吉田。実力者ぞろいの遊撃手だが、走攻守全ての実力を発揮できればレギュラーとなる日もそう遠くはないだろう。秋季リーグ戦では自分自身の中での春の消化不良をバネに、どんな吉田をアピールしてくれるのだろうか。頼もしい新星の今後の活躍に注目だ。


◆吉田大成 よしだたいせい 国際1 佼成学園出 174p・73s 右/左 内野手
明治大学へ憧れて入った吉田。リーグ戦など大舞台を経験したことで夢だったものがより現実的となった。春以上のチームへの貢献を目指し日々の練習に励んでいる。

次回のルーキー特集は川口貴都投手(法1=國學院久我山)8月12日(月)アップ予定です。お楽しみに。



[西谷侑紀]

●ボールパーク便りのバックナンバー

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: