検索
 HOME > 硬式野球部


明大スポーツ瓦版 -2013-  (5)東京六大学野球春季リーグ戦 法大戦瓦版配布のお知らせ   

 
 ついに決着の時が来た。慶大を2勝1敗で下し、勝ち点は4。いまだ無敗の首位法大に勝ち点で並んだ。明大はここまで3敗。それでも不調の打線を投手陣がカバーし、接戦を勝ち抜いてきた。直接対決で勝ち点を得たチームが完全優勝となる大一番。幾度の名勝負を繰り広げてきた血の明法戦を制し、歓喜の瞬間を見せつける。

投手が中心
 両腕がチームを支えている。エースの山崎福也投手(政経3=日大三)は慶大3回戦で7回1/3を無失点で抑え、リーグトップの5勝目を挙げた。主に2戦目に先発している関谷亮太投手(政経4=日大三)も2度の完封を決め、防御率0.70はリーグトップ。2人の出来が勝敗を大きく左右する。
 一方、打撃陣はチーム打率2割2分6厘、3割打者はゼロと低迷。慶大2回戦まで5試合連続安打と好調の中嶋啓喜主将(法4=桐蔭学園)のバットに期待が懸かる。

昨季の雪辱
 対する昨秋王者の法大は無類の強さを発揮し、ここまで無傷の8連勝。特に打線が好調でチーム打率は3割を超え、早大2回戦では初回に一挙8得点の猛攻を見せた。主将の河合と1番の大城戸は打率4割5分5厘で共に打撃成績トップ。勢いづけたくない2人だ。投手陣も石田、船本の両先発投手が安定し、今の法大に死角は見当たらない。
 リベンジへ舞台は整った。昨秋は今季と同じく最終カードで法大の優勝を見せつけられた。「悔しかった。今年は自分たちが目の前で優勝したい」(関谷)。その悔しさを晴らすのは今しかない。3季ぶりの頂点を懸けた決戦が幕を開ける。

[村洋輔・中田宏明]



応援に行こう!
5月25日 10時半試合開始予定(三塁側)
5月26日 13時半試合開始予定(一塁側)

神宮球場アクセス
・東京メトロ銀座線 外苑前駅より徒歩3分
・都営大江戸線 国立競技場駅より徒歩7分
・JR総武線 信濃町駅より徒歩7分 千駄ヶ谷駅より徒歩10分

こちらの瓦版は以下の日程で配布します。ぜひ手に取ってご覧ください!部数に限りがありますのでお早めに!
5月25日 10時〜10時半 神宮球場正門前
5月26日 13時〜13時半 神宮球場正門前

●明大スポーツ瓦版 -2013-のバックナンバー

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: