検索
 HOME > バドミントン部

接戦を制した中木(手前)・藤井組

バドミントン部  男子4連勝、女子4連敗で最終戦へ/関東大学春季リーグ戦

◆4・27〜5・5 平成25年度関東大学バドミントン春季リーグ戦(日体大米本記念体育館)
▼男子(2部リーグ)
 ○明大3−2青学大
  佐藤●0−2
  櫻庭●1−2
  高野・宮嶋組○2−0
  中木・藤井組○2−1
  高野○2−0
▼女子(1部リーグ)
  明大0−5法大○
  高原●0−2
  森●0−2
  木村・瀬川組●0−2
  池田・久保組●1−2
  鈴木●0−2
 リーグ戦4日目、男子はチームカウント0−2と追い詰められた状態から接戦を制し4連勝。一方で女子はここまで全勝の強豪・法大に終始苦戦し、4連敗で最終戦を迎えることとなった。

 接戦を制した。第1、第2シングルスで敗戦を喫し、明大は後がない状況に。悪い流れをせき止めたのは、やはりルーキーの高野将人(商1=埼玉栄)・宮嶋航太郎(商1=埼玉栄)組だった。守りに徹する我慢の時間も多かったが、確実に1点を返していった。
 続くは中木広大主将(商4=旭川実)・藤井佑介(政経3=札幌第一)組。1セット目はキレのあるスマッシュが決まり危なげなく取った。ただ、試合は思う通りに進まなかった。「出し切れなかったところがあった」(中木)と2セット目はシーソーゲームからインターバルを取られ、徐々に差が開いた。追い込まれた3セット目は序盤から前へ前へと攻め切り、後半は相手を寄せ付けなかった。
 試合を決めたのは決戦前も笑顔を見せた高野。「勝つという気持ちだけをもって臨んだ」と1セット目は後半追い上げられるも危なげなく終えた。苦しかったのは2セット目。「今日が疲れのピークだったと思う」(鰐川明コーチ)。連戦の疲れが出て、抜きつ抜かれつの試合になった。苦しい試合を決めた瞬間、高野はチームに向かって渾身のガッツポーズをして見せた。

接戦も勝ちきれなかった高原
接戦も勝ちきれなかった高原
 一方女子は苦戦を強いられた。ここまで全勝の強豪・法大に対し、チームカウント0−5の惨敗。第2シングルスで高原美由樹(文1=埼玉栄)がデュースまで持ち込む接戦を演じた。しかし「勝ち切ることができないのが弱いところ」(山田裕美コーチ)と惜しくも1勝を逃した。木村瞳(文4=埼玉栄)・瀬川桜子(農4=埼玉栄)組も強豪を前に持ち前のコンビネーションを発揮できなかった。
 チームカウント0−3で負けが決まるも、何とか1勝が欲しい明大。第2ダブルスの池田永加(商4=金沢向陽)・久保沙織(農2=高松商)組が1セット目を先取し意地を見せるも、2、3セット目は主導権を相手に握られた。第3シングルスの鈴木萌(商2=とわの森三愛)も連続ポイントを奪われ惜敗。法大を前に、歯が立たず残念な結果に終わってしまった。

 いよいよ最終戦。男子は中大と全勝対決で入替戦への切符を争う。女子は早大と全敗対決。いずれも1部の座が懸かった大一番だ。なんとしても勝利し、笑顔でリーグ戦を締めくくりたい。

[関口詩織]


今日のコメント
鰐川明男子コーチ

「中大と明大が全勝できていて、中大は青学大に5ー0で勝っていたので自分たちもそれを目指しました。しかし、それを達成することはできませんでした。きょうは最悪のシナリオでも勝てたのが良かったです。今日が疲れのピークだったと思います。1年生は本当に良くやってくれました。試合の前にはのびのびプレーをしてくれと伝えました。バドミントンは技術だけではないところがあると思います。気持ちの問題などは練習以外でも鍛えることができると思うのでそのことを選手たちには伝えました。今年のテーマは『マイナスからのスタート』。1部という土台にのるために、明日は意地でも勝ってもらいたいです」

山田裕美女子コーチ
「闘志が足りません。相手が強いのは分かっているのだから、どこまで挑戦できるかが勝負どころだと思っています。勝負というより、気持ちがまだまだ足りないと感じました。新体制が始まって最初のリーグ戦ですが、勝負に対する個々の力が弱いとまだ感じます。練習は強豪校と何も変わらないと思うので、意識をどれだけ高く保てるかが重要になってきます。何度か接戦も演じましたが、勝ちきることができないことが明大の弱いところ。課題としてクリアーしていかないと。プレー的には負けていないと思うので、気持ちでもっと押していかないといけません。最終戦は、どれだけの気持ちを持って臨むか。1部は人間的にも、プレーも、気持ちも成長させてくれる場所。なんとしてもしがみつきたいです」

第2ダブルス、接戦を制した中木
「とりあえず結果だけ見てほっとしています。全勝で最終日にいけるので。今日は緊張は少なからずありましたが自分たちのプレーを出し切れば負けないという自信はありました。それが今日は出し切れなかったところがあってファイナル(セット)までいってしまった。しっかりやれば2—0で勝てる相手だったと思います。相手の第3シングルスは弱くはないので、その面ではうちの1年生(高野)が気持ちで勝ちました。普段から熱い奴なので。それだけ負けたくないという気持ちが相手より強かったのだと思います。あくまでも入替戦にいくのが最低の目標なので、明日の中大戦もしっかり勝ちます。勝たないと入替戦にもいけないので第1シングルスから第3シングルスまでチーム一丸となって頑張りたいです」

中木と共にダブルスで活躍した藤井
「今日良かったことは勝てたことだけで、内容を一個一個気にしていくと反省点は多いです。明日は絶対に勝たなくてはいけない試合なので、しっかり中木さんと話し合って明日までに改善できることは修正したいです。いい準備をして中大戦を迎えられればいいと思います。入替戦はもちろん意識していますが、みんな中大に勝たなくてはいけないという意識で練習をやってきていたので、今日まで全勝できてはじめてスタート地点に立ったという感じですね。明日が本番。団体戦なので結果的にシングルス2つ取られてダブルスで取っていますけどチームで勝てれば良いんじゃないかなと思います。負けたら負けたでしっかり気持ちを切り替えていければ。明日は絶対に勝ちます。技術うんぬんではなく、気持ちで」

ダブルス、シングルスで大活躍の高野
「タブルスは慣れているので大丈夫でしたが、シングルスは大変でした。とりあえず勝てて良かったです。明日に向けてチームを勢いづけさせることができたと思います。練習と試合では緊張感が違うのでけっこう疲れました。試合には勝つという気持ちだけをもって臨みました。大学は会場がうるさくて独特の雰囲気があるが、自分のペースで試合をすることができました。明日は思いっきりやるだけです。絶対に勝ちます」



ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: