検索
 HOME > バドミントン部

流れを引き寄せた櫻庭

バドミントン部  男子が3連勝で1部昇格へ一歩前進/関東大学春季リーグ戦

◆4・27〜5・5 平成25年度関東大学バドミントン春季リーグ戦(日体大米本記念体育館)
▼男子(2部リーグ)
 ○明大4−1東京情報大
  山口●1−2
  櫻庭○2−1
  高野・宮嶋組○2−0
  中木・藤井組○2−0
  佐藤○2−0
▼女子(1部リーグ)
  明大1−4筑波大○
  高原●0−2
  伊藤●0−2
  木村・瀬川組○2−0
  池田・伊藤組●0−2
  鈴木●0−2

 リーグ戦3日目を迎え、戦いも中盤に差し掛かった。男子は3連勝を果たし1部昇格へ一歩前進。一方で女子は流れを引き寄せることができず、ここまで同じく全敗だった筑波大に敗北し3連敗を喫した。

 「不安しかなかった。でも、絶対に負けられなかった」(櫻庭弘貴・政経4=青森山田)。第二シングルス、粘りのプレーで流れを引き寄せた。1セット目は危なげなく取るが2セット目を8−21の大差で落としてしまう。「足が動いてなかった。声を出して気持ちを切り替えた」。3セット目は序盤から連続ポイント。鋭いスマッシュも決まった。昨年の8月に右足の半月板をケガしてから約半年間、本格的な練習ができなかった櫻庭。「リハビリ期間も苦ではなかった。仲間のプレーを見ることも練習」。改めて外からチームを見ることで感じたことも多くあったという。「ケガしていたこともあるが、周りの選手が強く見えた。でも集中力に疑問を感じたこともあった」。チームのムードメーカーは「ケガしていなかったら感じることはなかった」とはにかんだ。最上級生として、さらに責任感が増した櫻庭に今後も期待したい。
 第二シングルスの勝利を皮切りに、明大は全勝。特に高野将人(商1=埼玉栄)・宮嶋航太郎(商1=埼玉栄)組はルーキーながら負けなしと、大車輪の活躍を見せている。「ここまで勝ててホッとしている。ただ、あくまでここは通過点」(中木広大主将・商4=旭川実)。1部復帰に向け、順調に歩みを進める男子。「練習を自信にして。一戦一戦全力で」(中木)。あと2日間、まずは入替戦への切符をつかみ取りたい。

第1ダブルスを務める木村(左)・瀬川組
第1ダブルスを務める木村(左)・瀬川組
 今季まずは1勝したい女子。しかし「パワーと体力と気力」(瀬川桜子・農4=埼玉栄)を兼ね備える1部校の筑波大を相手に苦戦し、4−1という結果に終わった。まず、第1シングルスに登場したのは高原美由樹(文1=埼玉栄)。明大を背負っての初試合、ルーキーながら3点差まで追い上げる粘りを見せるものの、ストレート負け。続いてここまでの2戦、負け無しであった伊藤美紗(政経3=聖ウルスラ学園英智)も敗北を喫す。そんな中、今シーズン実力を発揮できずにいた木村瞳(文4=埼玉栄)・瀬川組は「自分たちで負けるわけにはいかない」(木村)と意地を見せ、2セットを連取し快勝した。
 しかし、その後の第2ダブルス、第3シングルスでは相手に主導権を握られ、悔しい結果となってしまった。明日4日は法大戦、「ここぞという時に負けない強さ」(木村)を出せるかが勝負のカギとなる。

 4日目、男子は青学大、女子は法大と対戦する。男子は1部復帰へ、女子は1部残留へ向け、負けられない戦いが続く。

[関口詩織・吉川真澄]


今日のコメント
鰐川明男子コーチ

「とりあえずここまで全部勝てているという感じです。最終戦であたる中大もここまで全勝なので、そこが勝負になるのかと。高野・宮嶋組は入ってすぐエース級の活躍をしてくれて、周りも刺激されています。他大からも早速警戒されていますが、ここ2試合シングルスで高野を休ませることができているのは大きいです。シングルスがカギを握っていますが、今のところは初戦に出た3人(高野、山口、櫻庭)が、横一線なので全員に奮起してほしいです」

主将としてチームを引っ張る中木
「ここまで勝ててホッとしています。ただ、ここはあくまでも通過点。自らのプレーについては良いところもあったが悪いところも出ました。リラックスしないで力んでしまうのを克服したいです。前に前に攻め切ることができたのは良かったです。新体制が始まったがチームの雰囲気は悪くないです。ただ、しっかりメリハリをつけていかないとなという気持ちもあります。下級生は頼もしい。しかし上級生が情けないなと感じるのは確かにあります。1年生が入ってくる前に『今いるメンバーでしっかり戦えるようにしよう』と話していましたが、今1年生に頼ってしまっているところもあります。全員が自覚を持ってプレーしないといけないと感じています。まずは入替戦出場に向けて1試合1試合全力で。練習を自信に変えたいです」

粘りのプレーで流れを引き寄せた櫻庭
「内容は良くなかったです。ただ、チームに貢献できました。次はもっとすっきりと試合を決められるようにしたいです。ケガのこともあってコートに立つのは不安しかないが、出るからにはしっかりやらないと、絶対に負けられないという気持ちでいました。2セット目で足が止まっていたので、声を出して気持ちを切り替えました。昨年の8月に右足の半月板をケガしてから約半年間、本格的な練習ができませんでした。でも見ることも練習だと思っていたのでリハビリなどの期間も苦ではなかったです。ケガしてなかったらわからなかったですが、周りの選手が強く見えました。また集中力に疑問を感じたこともありました。だからこそ、上級生として早く復帰しないといけないという気持ちがわき、責任感も強くなったと感じています」

女子チームのキャプテンとなった瀬川
「1部校とはパワーと体力と気力が全然違うと感じました。コートに入っている人だけではなく、試合に出ていない人も全員で一緒になって戦うことで最大の力を発揮できると思います。誰でも勝ちたいのは同じなのでみんなで力を合わせるというのがチーム戦特有のパワーになります。今年のチームはがつがつした雰囲気が無く、それが良い方向にも悪い方向にも出ているので、やる時はやるというオンオフの切り替えができるチームにしたいです。自分もまだ未熟者なので、自分もチームも成長して前に進めたらいいと思っています。今日のことは終わったことなのでまた明日からリセットしてやるしかないです。今日の反省を生かして頑張ります」

瀬川と共にダブルスで活躍した木村
「リーグの前半戦は自分が勝てなかったので悔しかったです。筑波大と早大に勝ちたいという思いはありました。きょうの試合はシングルが取られてきたので、自分たちで負けるわけにはいかない思っていました。きょうは落ち着いてプレーができたので良かったです。1部と2部の違いはここぞというときに取り切れるかどうかだと思います。試合は気持ちの勝負だと思っていますが、1部の人にはここぞという時に負けない強さがあります。自分は気持ちでプレーが変わってくるタイプなので、これからはビビらずやっていきたいです。これからの対戦校はどちらも格上ですが、1ポイントでも多く取りたいです。体と心を準備して頑張っていきます」



ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: