検索
 HOME > バドミントン部

バドミントン部  早大相手に力出し切れず、女子団体2回戦敗退/全日本学生選手権

◆10・19〜25第63回全日本学生バドミントン選手権大会(兵庫県立文化体育館他)
▼女子団体
・1回戦
 ○明大3−2至学館大
・2回戦
 明大0−4早大○
 入替戦で1部昇格を決めてから初めての団体戦となった今大会。4年生が引退となる大会のため、笑顔で勝利を飾りたかったが関東リーグ戦1部のチームとの差は大きかった。

 1回戦から厳しい戦いを強いられた。第1シングルスの森詩織(商4=埼玉栄)はストレート勝ちで勝利を収
敗戦に悔しがる池田(左)・岡田
敗戦に悔しがる池田(左)・岡田
めるも、第2シングルスと第1ダブルスを落としてしまう。後がなくなってしまった明大。しかし、ここから底力を見せた。第2ダブルスの岡田彩菜(文4=聖ウルスラ学院英智)・池田永加(商3=金沢向陽)組と第3シングルスの伊藤美紗(政経2=聖ウルスラ学院英智)がそろってストレート勝ち。「苦しい展開の中で、勝負を決めた経験があったのが1回戦に勝てた要因」(山田裕美コーチ)と秋季リーグや入替戦で勝ち切った経験が自信につながり、チームカウント3−2で2回戦に駒を進めた。

 
強敵相手に善戦した伊藤
強敵相手に善戦した伊藤
2回戦は2コート同時に試合が進められた。相手は関東リーグ戦1部の早大。来春のリーグ戦へ向け、自分たちの力がどこまで通用するのかが試される試合であった。第1シングルスの伊藤は、昨年のインカレ女子シングルスの王者相手に1セット目を奪い、自分のペースで試合を展開する。しかし、第2セット目は勝負所でポイントを取り切ることができず落としてしまう。勝負の第3セット。お互い1ポイントも譲らず接戦が繰り広げられるも、最後は粘り切ることができず19−21で敗北してしまう。悪い流れを断ち切りたかった明大であったが、早大の強さに圧倒されていく。第2シングルスの森、第1ダブルスの木村瞳(文3=埼玉栄)・瀬川桜子(農3=埼玉栄)組は第1セットを奪うも、第2、第3セットを連続で取られ負けを喫する。第2ダブルスの岡田・池田組も第2セットの後半から必死の追い上げを見せるも早大の壁は崩すことができずにストレート負け。最終的には、チームカウント0−4で完敗した。

 1部の力を見せつけられる結果となってしまった明大。しかし、「気持ちはだいぶ負けないようになってきた」(山田コーチ)と成長してきた部分も多い。春までの時間はまだまだ残っている。一人一人がそれぞれの課題を修正していけば、1部での上位進出も期待できる。

[四ッ谷健太]


試合後のコメント
山田コーチ

「インカレに出てくるチームは、どのチームもそれなりに強い。全力を出し切った中で、しっかり勝ち切れるようになったのが成長した部分ではあると思います。秋季リーグや入替戦で苦しい展開の中で、勝負を決めている経験があったのが1回戦に勝てた要因だと思います。早大は春を見据えて、明大を3−0で倒そうという強い意志が見えた。明大もちゃんとぶつかって戦うことはできた。気持ちはだいぶ負けないようになってきたが、技術的な部分や細かい勝負所で差が出たと思います。1部でやっていける手応えはまだつかめていないが、全く歯が立たないわけない。春まではまだ時間があるので、一人一人が課題を修正していけばもっと勝ちにつながる戦いができるようになると思います。今日出た課題は勝負所で先にミスしてしまった部分です。勝負になればなるほど、差が大きく分かれるところがあるので、そこが課題です。良かったところは、個人差はあるが相手に向かって戦っていく気持ちが付いてきたことです。1部に上がって恥ずかしい試合はできないという気持ちはあると思う。しっかりと気を引き締めてやれていると思う。(個人戦について)伊藤が去年のインカレチャンピオン相手にいい試合ができた。気持ちも調子も上がってきているので、頑張ってくれると思います」


ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: