検索
 HOME > 硬式野球部

慶大4回裏1死一、二塁 大川武に逆転の2点適時三塁打を打たれ肩を落とす山崎と坂本

硬式野球部  慶大・白村、福谷の前に幾度の好機逃し、逆転負けを喫す/東京六大学秋季リーグ戦

◆9・8〜10・28 平成24年度東京六大学野球秋季リーグ戦(神宮球場)
▼10・13 対慶大1回戦
 明大2―5慶大○
 
明大
慶大×

(明)●山崎(1勝1敗)、上原、今岡、内海―坂本
(慶)○白村、福谷―阿加多
(明)◇犠打1 上本(3回) ◇併殺0 ◇残塁7 ◇盗塁2 高山(5回) 上本(7回) ◇失策1 上本(1回)
 春に続き、陸の王者が明大の前に立ちはだかった。1点リードの4回裏、先発・山崎福也投手(政経2=日大三)が大川武(慶大)の適時2点三塁打を含む3点を奪われ、逆転を許してしまう。明大は好機をつくるも白村、福谷(共に慶大)のリレーの前に振り逃げでの2点止まり。投打がかみ合わず、立大、早大戦と同じく、またもや第1戦目を落としてしまった。

 不運もあったが踏ん張り切れなかった。初回1死一、三塁のピンチで相手の4番阿加多(慶大)の放った打球はショート正面へ。併殺かと思われたが「足が動いてくれなかった」と名手上本崇司内野手(商4=広陵)がまさかの失策。痛い先制点を奪われる。さらに1点リードで迎えた4回、1死一、二塁の場面で7番大川武が放った打球は三遊間へ。遊撃手・上本が飛び込むも打球はグラブをはじいてしまう。左翼手・中原北斗外野手(文3=横浜)がカバーできず、打球は外野を転々。その間に、一塁走者まで生還し、逆転を許してしまった。記録は三塁打となったが不運な形で点を奪われ、悔しい失点となった。続く白村にもフルカウントからスクイズを決められこの回3失点。内容は悪くなかったが山崎はここで降板となった。


明大7回表一、三塁の好機で
空振り三振に倒れた高山


 白村、福谷の投手リレーの前に打線が沈黙した。初回、制球の定まらない白村を攻め立て、四球とヒットで無死一、三塁と先制点のチャンスを迎える。だが3番菅野剛士外野手(法1=東海大相模)は三振。4番岡大海投手(政経3=倉敷商)は外角の変化球を引っ掛けて併殺打。絶好の得点機を逃し、試合の主導権をつかむことができなかった。その後も白村の145kmを超える直球を捉えることができない。逆転された直後の5回には2死から一、二塁の好機も岡大が右飛。白村に対し、6回までに11奪三振を喫してしまった。7回表には登板直後の2番手・福谷を攻め、1死一、三塁の好機をつくる。しかしここでも高山俊外野手(文1=日大三)、川嶋克弥外野手(商4=日南学園)が続けて凡退。幾度の好機も得点に結び付けられなかった。慶大は6安打で5得点に対し、明大は5安打2得点。「1点が勝負を分ける場面で点が取れなかった」(坂本誠志郎捕手・文1=履正社)と拙攻が目立ち、振り逃げでの得点のみに終わった。

 敗戦にも選手たちは下を向いていない。「2、3戦目はこれまで勝ってきた。そこを信じたい」(田中勇次主将・法4=鳴門工)と立大、早大戦と同様の戦況に焦りはない。今春は慶大に2連敗を喫し勝ち点を献上した。だが今季はこのままでは終われない。「これからが正念場」(中嶋啓喜外野手・法3=桐蔭学園)。優勝に向け、一戦一戦負けられない戦いが続く。

[中田宏明]





◆明大打撃成績◆
打順守備名 前
(遊)上本(広陵).324四球  投ギ  三振  右安    
(右)高山(日大三).300左安  三振  遊安  三振    
(左)菅野(東海大相模).400三振   三振             
 中原(横浜)                  
 打左川嶋克(日南学園).200        四球  一ゴ    
(一)岡大(倉敷商).387遊併  四球  右飛    二ゴ  
(中)中嶋(桐蔭学園).303  遊ゴ三振    三ゴ  三振  
(三)原島(国士舘).182  三振  中飛  三振  三振  
(投)山崎(日大三).091  三振  三振          
 上原(広陵).500                   
  糸原(開星).118          三振      
 今岡(横浜隼人).000                  
 内海(桐蔭学園)                  
  小川(横浜).250                遊ゴ
(捕)坂本(履正社).231    中安三振    遊飛  投ゴ
(二)宮内(習志野).150    四球  右飛  三安  右飛
   31.258                  

◆明大投手成績◆
名 前球数
●山崎(日大三)3 1/3702.79
上原(広陵) 1 2/3290.77
今岡(横浜隼人) 1 1/3261
1.80
内海(桐蔭学園) 1 2/3300.00
◆ベンチ入りメンバー◆
17池田航(営4=明治)32坂本(文1=履正社)10田中勇(法4=鳴門工)
11岡大(政経3=倉敷商)33原島(農3=国士舘)小川(商4=横浜)
19関谷(政経3=日大三)福田(商2=広陵)20川嶋克(商4=日南学園)
山崎(政経2=日大三)14大塚健(商1=花咲徳栄)中嶋(法3=桐蔭学園)
23今岡(文2=横浜隼人)15糸原(営2=開星)27中原(文3=横浜)
21上原(商1=広陵)35石井(営1=履正社)37菅野(法1=東海大相模)
31内海(商1=桐蔭学園)上本(商1=広陵)38高山(文1=日大三)
西村祐(法3=春日部共栄)26宮内(政経1=習志野)
12高橋隼(法2=日本文理)34廣崎(商4=明大明治)


勝敗表 第6週  10/13現在
試合勝利敗戦引分勝ち点勝率
法大---  ○○◯○○○76103.857
明大  ---●◯◯●◯◯○○96303.667
早大◯●●---  ◯◯◯○86202.750
慶大●●  ---○◯△○○85212.714
立大●●○●●●●●●---  91800.111
東大●●●●●●△●●  ---90810.000



試合後コメント
田中勇
「(慶大の先発が白村投手だったことについて)竹内大投手の対策をしてきましたが、白村投手ということに関しては特に何もありませんでした。初回の無死一、三塁のチャンスで先制することができなかったのが痛かったです。ここまでの流れで東大戦以外は1戦目を落として2、3戦目を勝ってきました。そこを信じてまた明日あさってとやっていきたいと思います」

上本
「(初回のエラーについて)足が動いてくれなかったです。(バッティングに関しては)状態は良いとは言えないです。(4年でスタメンは上本だけだが)4年としてチームを引っ張っていけたらいいと思います」

現在首位打者の岡大
「チャンスで打てなくて、チームも負けてしまいました。初回と第三打席と打てなくて情けないです」

中嶋
「気持ちの面では今までと変わらずやっていきましたが、また一戦目を落としてしまいました。相手に攻められすぎて、受け身になってしまったのが駄目でした。嫌な流れで点を取られてしまい何とかしたかったのですが…。これからが正念場なので、何としても勝ち点を取っていきたいです」

先発した山崎
「(3回途中降板について)ヒットを打たれたのが駄目でした。(不運な失点も多かったが)そういったピンチを招いたのは自分なので、ピンチをつくらないようにしたいと思います。(調子は)それなりに球はいっていたと思います。(慶大先発・白村について)球が来ていて調子が良く、捉え切れなかったです。(明日に向けて)負けられない試合なので、チーム全員でやっていきたいです」

先発マスクをかぶった坂本
「先制されて追い付けたのは良かったですが、1点が勝負を分ける場面で点が取れなかったです。(スクイズについては)予想はしましたが、外そうかなとも思いました。自分にもっと決断力があれば良かったと思います。山崎さんは点を取られてしまいましたが、ボールは良かったです。内海(裕太投手・商1=桐蔭学園)も経験があまりないですが、いい球を投げていました。(明日に向けて)勝つしかないですね。勝ち点を取るために頑張ります」

チーム唯一の複数安打を放った高山
「(フォームを変えてからの好調について)今日は低目の変化球に手が出てしまいましたが、ボールは見えています。(7回表1死一、三塁の場面で打席が回ってきた時)あの場面は打つしかなかったです。(明日に向けて)勝つしかないのでしっかり勝って、勝ち点を取りたいと思います」

応援へ行こう
対慶大戦 
10月14日 11時試合開始予定(一塁側)

神宮球場アクセス
・東京メトロ銀座線 外苑前駅より徒歩3分
・都営大江戸線 国立競技場駅より徒歩7分
・JR総武線 信濃町駅より徒歩7分 千駄ヶ谷駅より徒歩10分

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: