検索
 HOME > バドミントン部


飛翔 〜2012秋季リーグ戦〜  (2)先陣を切ってチームを支える不動のエース 末松純  

 今年の集大成ともいうべき秋季リーグがいよいよ明日、9月15日に開幕する。春季リーグ戦では、最終戦で1部残留を決めた男子。今回は、残留を上回る目標として以前から挙げていた「3位以上」に食い込めるかが注目となる。一方の女子は、惜しくも数ゲーム差で入替戦進出を逃したが、その後の東京都大学都対抗選手権での優勝など1部昇格へ向け着々とステップアップしている。今回のWEB企画では、全5回に分けてリーグ戦に挑む男女の注目選手を紹介する。
 第2回は男子第1シングルスを務める末松純(政経4=福岡大大濠)。入学時から活躍を期待された選手であり、現在は不動のエースの地位を築いている。「1部に昇格して責任感が出てきた」と最高学年らしい頼もしさを持つ末松。スマッシュが決まると大きな声を出しガッツポーズ。その素顔はとんこつラーメンをこよなく愛す、熱い九州男児であった。そんな人柄というのもあり、後輩からの信頼も厚い。「練習は真面目だけど普段は面白い人。切り替えがすごくうまい」(櫻井恵介・政経1=埼玉栄)。同じく九州男児の山口凌司(商2=西陵)も1年時に、尊敬する先輩として末松の名前を挙げた。「どんな球でも対応できるし安定感がある。攻められても体制が崩れないし、同じ福岡なので小さいころから憧れています」(山口)。


プレー中はダントツの迫力を見せる
プレー中はダントツの迫力を見せる
 末松が姉の影響を受けてバドミントンを始めたのは小学2年生の時。国際的にも活躍する潮田玲子選手(日本ユニシス)と同じクラブチームでセンスを磨いていた。競技のイメージ柄クラブチームは女子の比率が高く、サッカーや野球も好きであったため、なぜバドミントンをやっているのかと悩んだ時期もあったという。末松をバドミントンの世界にとどまらせたのは友達の「かっこいいじゃん」の一言。今となっては「単純でしたね」と笑う。そんな中、高校にバドミントンの推薦で入学するとさらに実力をつけ、3年時には全国大会で3位入賞を果たした。「やってて良かったと思った」と当時のことを振り返る。

 そして明治大学に入学すると早くも1年次の春季リーグから第1シングルスに起用された。大学バドミントンのレベルに苦戦が続いていたが、同年11月の関東学生新人選手権でベスト16に輝く。試合後は「大学に入って初めて(自分)らしいプレーができた」と喜んだ。2年次には勝てば1部昇格が決まる入替戦に出場。フルセットに及ぶ接戦を制しチームの勝利に貢献した。そして今も頼もしいトップバッターとしてチームの流れをつくる。元々大学でバリバリやるつもりではなかった末松だが、1部に上がって厳しくなったという練習も自然と受け入れた。理由を問うと「1部でやれるのは楽しいですから」とはにかんだ。


秋季リーグでも存在感を出している
秋季リーグでも存在感を出している
 15日に開幕した秋季リーグ戦、対日大戦では持ち前のスピードとパワーで相手を圧倒し、エースの役割を果たした。末松はその先も見据える。「インカレの団体でベスト4に入りたい」。大学卒業と同時にバドミントンも引退するという。「プレッシャーはありません。やってやるって感じです」と熱く語った。秋季リーグも残すは2戦。優秀の美を飾るべく、最後の戦いに乗り出した。



◆末松純 すえまつじゅん 政経4 福岡大大濠高出 170p・62s






●関東大学バドミントン秋季リーグ戦●
日程:9月15日(土)〜23日(日)
会場:日本体育大学健志台キャンパス米本記念体育館(神奈川県横浜市)
アクセス:東急田園都市線「青葉台」駅降車
東急バス4番のりば日体大行き、終点下車
ぜひ会場に足をお運びください。


 次回の「飛翔 〜2012秋季リーグ戦〜」は第3回9月19日(水)、ルーキー特集です。


[関本紗希]


ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: