検索
 HOME > バドミントン部

バドミントン部  男子ダブルス、女子シングルスで明大全組の敗退決定/関東学生選手権

◆6・4〜24 関東学生バドミントン選手権大会(葛飾区総合スポーツセンター他)
▼男子ダブルス
 末松・小林組――1回戦敗退
 伊藤・橋本組――2回戦敗退
 齊藤・中村太組――2回戦敗退
 櫻庭・西條組――2回戦敗退
 佐藤・川原組――2回戦敗退
 中木・櫻井組――3回戦敗退
 藤井・山口組――3回戦敗退
▼女子シングルス
 瀬川――5回戦敗退
 伊藤――5回戦敗退

 女子シングルス5、6回戦、男子ダブルスの3回戦までが行われた。5回戦に臨んだ瀬川桜子(農3=埼玉栄)、伊藤美紗(政経2=聖ウルスラ学院英智)であったが、強敵を相手に両者とも姿を消した。一方、明大からは7組が登場した男子ダブルス。リーグ戦でも活躍するペアを筆頭に、上位進出が期待された。しかし、4回戦に進出することのできたペアはおらず、明大にとっては悔しさの残る1日となった。

≪男子≫
 
息の合ったプレーを見せる中木(左)・櫻井組
息の合ったプレーを見せる中木(左)・櫻井組
男子ダブルスは7組出場したものの3回戦まで残ったのはわずか2組。中木広大(商3=旭川実)・櫻井恵介(政経1=埼玉栄)組は1、2回戦と2セット先取で快勝していた。しかし、「今日は全然駄目だった」(櫻井)と本人たちは振り返る。3回戦1セット目では序盤に失点を重ね、後半に追い上げるも一歩及ばず。2セット目は何とか流れを断ち切りたいところであった。ところが最初に6点を許すと、結局1セット目と同様追い付くことができずに敗れた。

 3回戦に進出したもう1組はシードの藤井祐介(政経2=札幌一)・山口凌司(商2=西陵)組。「一番信頼できる」(山口)と、同学年ペアである2人は抜群のコンビネーションで2回戦の接戦を2―0で制した。しかし3回戦、両セットともに奮闘するが最終的にはストレートで敗退。試合後、藤井と山口は「不安な部分がある」と声をそろえた。

 「強くならなきゃいけない」(藤井)。中木・櫻井組と藤井・山口組は春季リーグでも活躍した明大の有力ペアである。今大会では両組共に不調であったが、秋季リーグに向けてそれぞれが意欲を見せた。


≪女子≫
 
惜しくも得点にならず肩を落とす伊藤
惜しくも得点にならず肩を落とす伊藤
「課題である1ゲーム目を取れたのは良かった」と、苦手意識のある1ゲーム目を自分のペースで取ることができた伊藤。試合の主導権を握り、このまま勝つことができるかのように思われた。しかし、相手の方が一枚上手であった。2ゲーム目は、相手が本来の動きを取り戻し連続でポイントを奪われてしまう。長いラリーの末、最後は伊藤が粘り切れず2ゲーム目を落とした。3ゲーム目も疲れの影響からミスが目立ち、流れを変えることができないまま試合が終了してしまった。課題を克服するなど良い面を出すことができた。一方で、強い相手に対して自分の形にもっていくことができないなど、新しい課題も見つかる試合であった。

 同じく5回戦に勝ち上がった瀬川は「5回戦の敗因は実力の差」と、14―21、17―21でストレート負け。ケガの影響などもあり本来のプレーを満足にすることができなかった。


 女子シングルス、男子ダブルスともに勝ち残りはいなくなった。関東学生選手権も後半に差しかかっている。全試合終わってしまった選手と明日以降試合を控える選手。一人一人が次の目標に向かって一歩ずつ踏み出した。

☆選手のコメント☆
≪男子≫
感情を表にしてプレーする藤井

「不完全燃焼です。ダブルスという以前に自分に不安しかありません。練習で不安な部分が、試合で解消されることはないので早めに今後は取り除きたいです。強い人は誰と組んでも強いと思うのでとにかく自分が強くなりたいです。部内での競争に勝ちたいです。リーグ戦で第1ダブルスを任せてもらっていて、他大も強いところが第1なので申し訳ない気持ちがありました。1年生だったので負けてもしょうがない気持ちも少しありましたが、今は取りにいきたい気持ちがあります。強くなりたいという気持ちぐらいでは、強くなれないと思うので強くならなきゃいけないという気持ちが必要だと思います」

シングルスとダブルスで3回戦まで残った山口
「自分的には勝ちたかったけど、簡単に負けてしまいました。やっぱり悔しいです。リーグ戦でも藤井と組んでいたのに、結果として1回も勝てなかったのでかなり気合いが入っていました。部分的に不安のあるところがあったので、自信がないところをなくしていきたいです。今後はシングルスかダブルスなのか分からないが、藤井と組めたら結果を出したいです。組みやすいし、一番信頼できるので言いたいことも言えます。リーグで一勝でもして、勝てるダブルスになりたいです」

1年生ながら勝ち進んでいた櫻井
「今日の調子は全然駄目でした。それでも何とかなるかと思いましたがやはり相手の方が上でした。3回戦ではパワー、スピード、技術など全てにおいて相手の方が優れていました。今後はサーブ周りの5球目くらいまでを落とさないように意識していきたいです。リーグ戦のときは中木さんもお互いに調子が良かったのですが、中木さんのケガが原因で2週間くらい組めない期間があって、調子が狂ってしまいました。最終目標はリーグで勝つことです。次は都大対(東京都大学対抗選手権)があるので、そこに向けて少しずつ調子を上げていきたいです」

≪女子≫
ケガからの完全復活とはならなかった瀬川

「今日は実力が足りないと実感しました。まだ少しケガをしている所があるのですが、明日のダブルスは頑張って取りたいです。5回戦の敗因は実力の差だと思います。相手の方が良く動けていました。今後は体力を付けることとケガをしない体づくりが課題です」

敗退も、改善された点があった伊藤
「(今日の出来について)動きは悪くなかったが、相手の方が強くて自分の試合をつくれず、相手のミスを待ってしまう形になってしまいました。いつも駄目な1ゲーム目を取れたことは良かったのですが、そのことでどこか油断してしまいました。(ダブルスに向けて)相手が強いので厳しいですが、今日の反省を生かしつつ自分のプレーをしていきたいです」

[四ッ谷健太・関本紗希]

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: