検索
 HOME > 硬式野球部

2回表早大2死一塁、適時三塁打を打たれ厳しい表情の関谷

硬式野球部  終盤に粘りを見せるも及ばず。優勝に向け、追い詰められる/東京六大学春季リーグ戦

◆4・14〜6・3 平成24年度東京六大学野球春季リーグ戦(神宮球場)
▼5・20 対早大2回戦
 明大2―3早大○
2回戦
早大
明大

(明)●関谷(2勝3敗)、今岡、大久保、岡大―高橋隼、石畑
(早)◯吉永、有原―地引
【本】(早)杉山Cソロ(2回=関谷)
【三】(早)吉永(2回)
【二】(明)高山(6回)、小室(7回)、岡大(9回)
(早)東條(2、9回)、小野田(4回)、大野大(5回)
(明)◇犠打0 ◇併殺0 ◇残塁6 ◇盗塁0 ◇失策0

 あと一歩及ばなかった。2回に杉山(早大)の本塁打で先制を許すと、後続に二つの長打を打たれ、3点を追う展開に。7回に小室和弘外野手(政経4=昌平)の適時二塁打で2点を返し、最終回にもチャンスをつくるが反撃及ばず。これで、1敗1分けとなり追い込まれた。

 2回が勝敗を分けた。初回、先発の関谷亮太投手(政経3=日大三)は早大打線を10球で料理。しかし、2回に突如としてつかまる。この回先頭の杉山(早大)に左翼席へ本塁打を運ばれ、対慶大1回戦ぶりとなる先制点を奪われる。その後2死とするが一塁に走者を背負う。このまま最少失点に収めたい場面だったが、三塁打、二塁打と連続で長打を打たれさらに2点を失った。「調子が良かった分、ストレートに頼ってしまった」(関谷)。次の回で関谷はマウンドを降りるも、後を受けた今岡一平投手(文2=横浜隼人)、大久保匠投手(文4=花咲徳栄)、岡大海投手(政経3=倉敷商)が無失点に抑えるリレーを披露しただけに悔やまれる回となってしまった。

7回裏明大2死一、三塁<br>2点適時二塁打を放った小室
7回裏明大2死一、三塁
2点適時二塁打を放った小室


 勝利には至らなかったが、打線は後半に粘りを見せた。6回までヒット2本に封じ込まれる苦しい展開。しかし7回、相手先発の吉永をようやく捉える。四球で出た走者を一塁に置き、打席には代打・菅野剛士外野手(法1=東海大相模)。リーグ戦初出場の若武者は、インコースのストレートを引っ張った。鋭い打球が一塁手を襲い、強襲安打になった。打球が転々とする間に、一塁走者の岡大は一気に三塁を陥れ無死一、三塁と攻め立てる。そこから2死と追い込まれるがここで迎えるは、小室。「真っすぐを狙っていた」と外角高めに浮いた直球を振り抜き、左中間を破る2点適時二塁打を放つ。開幕はスタメンで迎えたものの、ここ数試合控えに甘んじていた。この日も代打での出場だったが、大事な場面で仕事をこなした。7回でつかんだ流れをものにしたかった明大。しかし、9回には岡大が二塁打で出塁しチャンスを演出するも、7回途中から救援した有原(早大)の前に最後は2者連続三振に倒れるなど後が続かず。好機であと一本が出ず、試合はゲームセットとなった。

 敗れはしたが「諦めず終盤に点が取れた」(田中勇次主将・法4=鳴門工)というように、後半は粘りを見せた。ここまで、終盤に点を奪えていなかっただけに改善の兆しが見えてきた。
 今カード1敗1分けとなり、後がなくなった。優勝への望みをつなげるため、明日は絶対に負けられない。


[村洋輔]



☆甲子園を沸かせた2人の対決が実現!☆
 昨夏の甲子園、名門・日大三のクリーンナップを務めた高山俊外野手(文1=日大三)とエースとしてチームを引っ張った吉永(早大)の両雄が初回から相まみえた。第1打席はバットを折られるも、高山は初球をたたいて右前に運ぶ。3回の第2打席は二飛に打ち取られたが、6回の第3打席は二塁打を放ち3打数2安打で2人は戦いを終えた。この日は高山に軍配が上がったが「勝ったという気持ちはないです。次はしっかり勝てるように打ちたい」と淡々と答えた。
6回裏明大2死走者無し<br>吉永(早大)から二塁打を打った高山
6回裏明大2死走者無し
吉永(早大)から二塁打を打った高山



















◆明大打撃成績◆
打順守備名 前
(二)福田(広陵).333左飛死球投飛三安
(遊)上本(広陵).200三振遊飛投ゴ二ゴ
(右)中高山(日大三).391右安二飛中二二ゴ
(三)石川(北大津).314四球中飛中飛遊ゴ
(左)投岡大(倉敷商).333二ゴ三ゴ四球中二
中原(横浜).000  
(中)中嶋(桐蔭学園).125三振遊ゴ
大久保(花咲徳栄).000  
打左菅野(東海大相模).500 一安一ゴ
(一)竹内(日大三).313三飛三振
打一山崎(日大三).250 二飛三振
(捕)高橋隼(日本文理).182三ゴ右飛
原島(国士舘).000遊飛
石畑(広陵).118  
小川(横浜).250 三振
(投)関谷(日大三).300  
糸原(開星).000三振
今岡(横浜隼人)  
打右小室(昌平).321 右飛 中二
  
32
.264
                  


◆明大投手成績◆
名 前球数
●関谷(日大三)562.03
今岡(横浜隼人)2813.50
大久保(花咲徳栄)320.00
岡大(倉敷商)333.97


◆ベンチ入りメンバー◆
18大久保(文4=花咲徳栄)竹内(商4=日大三)10田中勇(法4=鳴門工)
11岡大(政経3=倉敷商)13原島(農3=国士舘)小室(政経4=昌平)
19関谷(政経3=日大三)福田(商2=広陵)小川(商4=横浜)
山崎(政経2=日大三)14大塚健(商1=花咲徳栄)23今岡(文2=横浜隼人)
31月田(商2=熊本工)石川(政経4=北大津)中嶋(法3=桐蔭学園)
21上原(商1=広陵)15糸原(営4=開星)27中原(文3=横浜)
石畑(商3=広陵)上本(商4=広陵)38高山(文1=日大三)
22武井(商3=PL学園)16池田秀(農4=長野日大)
12高橋隼(法2=日本文理)37菅野(法1=東海大相模)


勝敗表 第6週  5/20現在
試合勝利敗戦引分勝ち点勝率
早大---○○△○○○○○870131.000
法大●●---●△○●○○△○○115422.556
明大△●○△●○---●●○○104422.500
立大●●●●---○○○○84402.500
慶大△●●○○●●---○○94412.500
東大●●●●●●●●---80800.000



◆選手コメント◆
代打で出場し、2点適時二塁打を放った小室
「(打席に入った時は)特に何も考えてなかったです。真っすぐを狙っていたので、来るまで我慢しました。打ったのは外の高め。打った瞬間抜けたと思いました。ただ、同点になってないので冷静でしたね。優勝する可能性はまだあるので、諦めずに勝ちに向かって頑張ります」

2安打を放った高山
「(吉永との対戦)楽しみだったので、だいぶ意識はしました。何がすごいとかではないですけど、自分の中で少し違うだけです。落ち着いてやれれば大丈夫だと思います。(吉永から3の2)吉永に勝ったという気持ちはないです。次はしっかり勝てるように打ちたいです」

好救援し、最終回、特大の二塁打を放った岡大
「チームとして最後あと一本が出なかったです。それで負けてしまいました。(7回先頭打者で四球を選びガッツポーズが出たが)前の回三者凡退で終わっていて、塁に出たら流れがきそうだったので、その気持ちがガッツポーズに出ました。(最終回の二塁打は)とにかく塁に出ようと思っていました。相手(有原)の力を利用して、コンパクトに振り抜こうと思っていました。(投球に関しては)昨日も同点にされてしまったけど、感覚は良かったです。足を使えるように徹底し調子が戻ってきました。空き週をうまく使えました。(今後は)優勝へ向けもう負けられないプレッシャーは明治にしか経験できないことなので、そのプレッシャーを力に変えられるように、弱気にならず攻めていきたいです」

3人の投手をリードした高橋隼
「(2回杉山のホームランについて)打たれたのはボール球です。外に構えたのですが、真ん中に入ってきたのを打たれてしまいました。杉山さんはストレートを張っていたと思いますが、(ボール球でも)振ったらいいところに飛ばされたという感じです。逆球であることには変わりないので。関谷さんもそれで失投だと思っていると思います。今日の関谷さんはボールは走っていましたが、高めに浮いていました。次からは切り替えて、勝つしかないです」

3回でマウンドを降りた関谷
「2回で点を取られてしまいました。調子が良かった分ストレートに頼ってしまいました。明日は負けられないです」

リーグ戦初打席初ヒットの菅野
「(打ったのは)インコースのストレートです。(代打については)直接は言われていませんでしたが、自分では意識していました。六大学の初打席で何も考えずに打てたことが良かったです。9回はバントのサインでしたができず、何とか進塁打を打とうと心掛けました」

代打から出場した山崎福也投手(政経2=日大三)
「(明日に向けて)負けられないのでしっかり投げたいと思います。疲労は大丈夫です。あとは気持ちなので頑張ります」

ベンチからチームを鼓舞した田中勇
「序盤は自分たちの野球ができませんでした。普段の力を出せなかったことが反省です。後半は雰囲気良くできたと思います。諦めずに終盤点が取れたように、最後まで分からない戦いができたので、明日は最初からそういった戦いをしていきたいです。今日は負けてしまいましたが、帰ってすぐ明日に向けて切り替えていきたいです」



☆応援へ行こう☆
早大戦 
5月21日 13時試合開始予定(三塁側)

☆神宮球場アクセス☆
・東京メトロ銀座線 外苑前駅より徒歩3分
・都営大江戸線 国立競技場駅より徒歩7分
・JR総武線 信濃町駅より徒歩7分 千駄ヶ谷駅より徒歩10分



ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: