検索
 HOME > 硬式野球部

雨が降りしきるなかでの試合だったが、しっかりと結果を残した竹内


ボールパーク便り  今岡が5失点。投打ともに本来の力を発揮できず  

◆ 3・24 春季オープン戦(国士大グラウンド)
▼対国士大戦
  明大3−5国士大○
オープン戦
明大
国士大
 リーグ戦に向け好調を維持していたが、本日は投打ともに本来の実力を見せつけられなかった。初回からオープン戦好調の石川駿内野手(政経3=北大津)が適時打を放ち、2点の先制に成功する。しかし、先発の今岡一平投手(文1=横浜隼人)は立ち上がりから制球が定まらない。浮いた球を狙われ、3連打を含めた4本の安打を浴びて初回から4失点とリードをものにできなかった。4回には竹内啓人内野手(商3=日大三)がレフトへ本塁打を突き刺し1点を返し、反撃ののろしを上げる。ところが、2回、3回と三者凡退に切っていた今岡が再び捕まる。1死から安打で出塁した走者を犠打で送られ、2死ながら得点圏に走者を背負う。このピンチでも踏ん張れず安打を許し、さらに1点を失った。この劣勢を打開したい打線だったが、5回以降は4安打に抑えられてしまい、湿った結果に終わった。

 4つの失策を記録し、3つの盗塁を許すなど守備でも精細を欠いた。しかしリーグ戦開幕まで1カ月を切っただけに、ただ下を向くのではなく、この負けを前向きに捉えていきたいところだ。

[村洋輔]


◆春季オープン戦日程表◆
日付対戦相手場所
3・25(日)
九州国際大
明大グラウンド
3・26(月)
国武大
国武大グラウンド
3・29(木)
富士重工業
明大グラウンド
3・30(金)
立正大
3・31(土)
神大
4・1(日)
東経大
4・2(月)
東海大
東海大グラウンド
4・4(水)
亜大
明大グラウンド
4・5(木)
セガサミー
4・6(金)
日体大
4・8(日)
流通経大



●ボールパーク便りのバックナンバー

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: