検索
 HOME > 硬式野球部

6回1死二塁、右越え2点本塁打を放った伊藤


ボールパーク便り  生き残りを懸け、し烈なレギュラー争いが繰り広げられる  

◆ 3・22 春季オープン戦(明大グラウンド)
▼対東北学大戦
  ○明大6−1東北学大
オープン戦
東北学大
明大×

 レギュラー獲得へ猛アピールだ。途中出場の伊藤剛内野手(文2=長野日大)が特大の右越え2点本塁打。東北学大を投打に圧倒し、層の厚さを見せつけた。

 完璧な一振りだった。1点リードの6回1死二塁、伊藤が放った打球は打った瞬間いったと分かる右越え2点本塁打に。実力者のそろう厳しいレギュラー争いの中、伊藤は3回の守備から途中出場。回ってきた少ないチャンスを最高の結果でものにし、大きなアピールとなった。

 またもルーキーが活躍を見せた。先発した上原健太投手(広陵)が5回4安打1失点と好投。制球に苦しむ立ち上がりを攻められ失点を許すも、190cmを誇る長身を生かした投球で尻上がりに調子を上げていった。長いイニングを投げられたことは大きな収穫に。大型左腕として将来に期待が持てる力を見せてくれた。

 リーグ戦へ向けアピール合戦だ。昨年主力の多くを担っていた4年生が抜け、レギュラー争いはし烈に。オープン戦では上級生だけでなく、下級生にもチャンスが与えられている。だが少ないチャンスをものにしなければレギュラーだけでなく、ベンチ入りさえ難しい状況である。オープン戦は残り13試合。今後も厳しい争いを続け、チームの層に厚みを持たせていきたい。


[桑原幹久]


◆春季オープン戦日程表◆
日付対戦相手場所
3・23(金)
東京国際大
東京国際大グラウンド
3・24(土)
国士大
国士大グラウンド
3・25(日)
九州国際大
明大グラウンド
3・26(月)
国武大
国武大グラウンド
3・29(木)
富士重工業
明大グラウンド
3・30(金)
立正大
3・31(土)
神大
4・1(日)
東経大
4・2(月)
東海大
東海大グラウンド
4・4(水)
亜大
明大グラウンド
4・5(木)
セガサミー
4・6(金)
日体大
4・8(日)
流通経大



●ボールパーク便りのバックナンバー

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: