検索
 HOME > 硬式野球部

先発の柱として期待の懸かる関谷


ボールパーク便り  関谷が粘投するも惜敗  

◆ 3・11 春季オープン戦(明大グラウンド)
▼対日立製作所戦
  明大0−2日立製作所○
オープン戦
日立製作所
明大

 期待の男の活躍で、先発争いが楽しみなものとなった。日立製作所とのオープン戦で、関谷亮太投手(政経2=日大三)が先発。都市対抗野球大会でベスト4の実績を持つ社会人チームを相手に、6回と3分の1を投げ2失点と粘投し、首脳陣にアピールした。

 力強い直球を軸にした投球を見せた。球を低めに集め、4回までは無失点で切り抜ける。5回と7回はいずれも先頭打者の出塁が失点へとつながったが、連打を許さず試合の流れを構築。以前から「まずは1勝したい」と語る関谷。1年次の春から出場を続けるも、未だ勝ち星は無し。実力は備わっているだけに、リーグ戦では、初勝利を挙げて周囲の期待に応えたいところだ。

 一方、打線は相手投手陣から好機を作れず。試合後、田中勇次主将(法3=鳴門工)も「不甲斐ない結果となってしまった」と悔しそうに語った。しかし、エラーが1つあったものの、安定した守備を披露。12日の横浜商科大戦では、投打がか噛み合った姿を見たいところだ。

[村洋輔]


◆春季オープン戦日程表◆
日付対戦相手場所
3・12(月)
横浜商科大
横浜商科大グラウンド
3・14(水)
仙台大
明大グラウンド
3・15(木)
立命大
3・16(金)
桐蔭横浜大
3・17(土)
駒大
3・18(日)
上武大
3・19(月)
ヤマハ
ヤマハグラウンド
3・21(水)
専大
明大グラウンド
3・22(木)
東北学大
3・23(金)
東京国際大
東京国際大グラウンド
3・24(土)
国士大
明大グラウンド
3・25(日)
九州国際大
3・26(月)
国武大
国武大グラウンド
3・29(木)
富士重工業
明大グラウンド
3・30(金)
立正大
3・31(土)
神大
4・1(日)
東経大
4・2(月)
東海大
東海大グラウンド
4・4(水)
亜大
明大グラウンド
4・5(木)
セガサミー
4・6(金)
日体大
4・8(日)
流通経大



●ボールパーク便りのバックナンバー

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: