検索
 HOME > 硬式野球部


ボールパーク便り  打線が沈黙し東京ガスに完敗、オープン戦連敗続く  

◆11・18 秋季オープン戦(明大グラウンド)
▼対東京ガス
○東京ガス3−0明治

オープン戦
東京ガス
明治

 前回に続き本日も社会人とのオープン戦で敗北を喫してしまった。今日の相手は明大OBが多く在籍する東京ガス。相手の継投策を前に打線もつながらず、2安打と沈んでしまった。得点圏に進めたのはわずか2回。竹田主将(文4)は今日の敗因を「気持ちが入っていなかった」と振り返った。

 本日の先発は難波(情コミ4)。3回を投げ4安打2失点と振るわない結果となったが、先頭打者を見逃し三振に仕留め、初回を三者で終わらせるなど立ち上がりは上々だった。得意のストレートも走り、決してコンディションは悪くなかった。
 今日は計6人の投手が登板した。4回からマウンドに上がった今岡(文1)は2回を投げ2奪三振、続く岡(大・政経2)は1奪三振とリーグ戦から変わらず安定のピッチングを見せた。7回から投げた山崎(政経1)は先頭を単打で出塁させてしまい、盗塁と犠打で1点を失うも、続く柴田(章・文4)はエラーで出塁させた打者をけん制で仕留めきっちり3者で終えた。最終回は野村(商4)が二塁打を放たれてしまうが、残りの打者を三振に打ち取り守り抜いた。

 打線は中村(将・法4)と中嶋(法2)の2安打のみと振るわなかったものの、当たりは決して悪くはなかった。竹田主将の言うように、オープン戦とリーグ戦では気持ちの入り方が異なるよう。「オープン戦から(本番と同じような)気持ちで向かっていかないと勝てない」と反省し、悔しそうな表情を浮かべた。

 19日もオープン戦が控えているが、雨天中止となる恐れがあり、本日が最後のオープン戦となる可能性がある。これまでの反省を生かしもう一度気持ちを入れ替え、神宮大会では万全の状態で臨んでほしい。
[中村綾佳]

●ボールパーク便りのバックナンバー

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: