検索
 HOME > ラグビー部


八幡山日誌  (81)10月22日 連勝懸かる日体大戦に向け最終調整  

 先週の青学大戦で勝利はしたものの思わぬ苦戦を強いられた明治。今日の練習ではまず最初に大雨の中B・C・Dチームの部内マッチが行われた。その後Aチームの選手もグラウンドのコンディションが悪い中ではあったが、基本的な動きを中心に軽めの練習をして調整。「11月の慶応戦から強豪校との対戦が待っているので、この試合で弾みをつけていきたい」(鈴木・政経4)と話すように、しっかり日体大に勝って勢いに乗っていきたいところだ。

[真島一郎]
◆日体大戦の先発メンバー&リザーブ◆
1.PR石原 慎太郎(政経3)9.SH秦 一平(法4)16郷 雄貴(文4)
2.HO鈴木 亮大郎(政経4)10.SO染山 茂範(政経3)17野崎 友晴(政経4)
3.PR松波 昭哉(政経1)11.WTB山中 翔平(商4)18古屋 直樹(商3)
4.LO池田 慶恭(政経4)12.CTB幸重 記(文2)19小河 康蔵(商4)
5.LO日高 駿(文4)13.CTB西村 雄大(農2)20多田 潤平(文3)
6.FL比果 義稀(文2)14.WTB斉藤 春樹(農3)21長石倉 豪(営1)
7.FL竹内 健人(営3)15.FB村井 佑太朗(政経1)22猿楽 直希(政経3)
8.NO.8堀江 恭佑(商3)


〜選手のコメント〜
PR石原(政経3)
「(練習中の雨について)こういうシチュエーションでも試合は行われるし、こういう時だからこそできる練習をやれたので良かった。(日体大戦について)相手を意識するわけではないが、自分たちは慶応、帝京、早稲田を最大のターゲットにしている。だからその前にあたる一戦でいい流れをつくっていけるよう、結果よりも内容にこだわってプレーしたい。前に前に出るようにして、ゴール前でFWが縦に出て、BKが外で取り切る。ジュニアが今まで慶応などのチームに勝ってくれたので、今度は自分たちがトーナメントに行くまでに勝ってジュニアにバトンを渡したい。そのためにもいい試合をしていい流れをつかみたい」。

HО鈴木
「明日の試合では前半の入りを大事にしたい。先週の青学大戦は悪いところが多く出てしまった。そこは今週しっかり修正してきたし、良いところもあったのでそんなに心配はしていない。(主将不在について)うちの選手はキャプテン一人に頼るチームではないのでみんなが意識を持ってやれば問題ない。11月の慶応戦から強豪校との対戦が待っているので、この試合で弾みをつけていきたい」。

PR松波(政経1)
「(先週の試合の反省点は)みんなが走れてなかったのと、リアクションスピードが足りなかった。今週はそこら辺を注意していけば問題ない。(日体大戦について)次から強い相手が続くのでしっかりそこら辺を見据えて勝ちたい」。

LO池田(政経4)
「青学大戦では、苦しい時間帯が続きリアクションが遅くなってしまった。日本体大戦では溝口がいないが、今季は4年生全員で引っ張っていくという意識なので、あまり気にしていない。失点にこだわっていきたい」。

LO日高(文4)
「(日体大戦について)これから先は自分たちのプレーをしていかなければ勝てないので、圧倒するだけではなくて自分たちのやりたいことをできるようにしていかなかればならない。FWで前に出てBKと融合して前に前に出るプレーをしたい。部内マッチを激しくやってくれたので、負けないように自分も激しくプレーしてチームに貢献したい」。

FL比果(文2)
「溝口さんがいないがチームの雰囲気としてはいい。青学大戦でリアクションとタックルが課題だったので意識していきたい」。

FL竹内(営3)
「ボールをキープしているときの二人目との絡み、ブレイクダウンの練習をした。自分と堀江、3列陣を見てほしい。部内マッチを見て意気込みも熱い。試合を選ぶわけではないが日体大戦は順序よくいきたい。いつも通りFWが前に。最後はBKにつなぐ」。

SH秦(法4)
「青学大戦では接点や1対1のディフェンスで苦戦してしまって波に乗り切れなかった。今週は積極的に体を当てていった。溝口がいないが、4年生全員が一体になってカバーしている。万全とは言えないが、いい状態だと思う。青学大戦、ジュニア東海大戦とミスやタックルの精度が低いということが目立った。自分はSHなので、FWのセットやタックルなどを意識していきたい」。

CTB幸重(文2)
「(スタメン起用について)チャンスをもらったのでしっかりとアピールしたい。先週の試合からタックルの精度に課題が見られたのでそこは修正したい部分。今週の試合で自分のプレーをしっかりして次の試合も出られるように頑張りたい」。

PR野崎(政経4)
「先週の試合はタックルが高かったり、ゲインしてからのボールの処理が甘かったりと自分のラグビーができなかった。(主将不在について)痛手だがマイナスにとらえずに、自分たちで成長する試合にしたい。先週は対抗戦、ジュニア戦共に内容が良くなかったので朝からフルで練習した日もあったし、しっかりと今週は内容良く勝ちたい」。

CTB猿楽(政経3)
「フィールドに出たらやることをやるだけ。タックルに重点を置いている。主将や4年が少ない分下級生を引っ張っていきたい。出場したらすごいプレーをして見てる人にインパクトを与えたい」。

●八幡山日誌のバックナンバー

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: