検索
 HOME > 硬式野球部

最後の打者となってしまった柴田(悠)

硬式野球部  小さなミスが命取り。11カードぶりに初戦を落とす/東京六大学秋季リーグ戦

◆9・10〜10・30 平成23年度東京六大学野球秋季リーグ戦(神宮球場)
▼10・1 対慶応1回戦
  明治0―2慶応○

1回戦
明治
慶応 ×

(明)●野村(3勝1敗)―川辺 
(慶)○竹内大―阿加多
【三】(慶)阿加多(4回)
【二】(慶)山崎錬(3回)、伊場(6回)、伊藤(8回)
(明)◇犠打0 ◇併殺0 ◇残塁9 ◇盗塁0 ◇失策2 川辺2(4回、4回)
 春の王者・慶応が4季ぶりの優勝を目指す紫魂軍団の前に立ちふさがった。今後の行方を左右する大一番。明治の先発マウンドには満を持してエース・野村(商4)が上がった。8回まで投げ切りエースの役割は果たしたがミスから失点。打線も慶応先発・竹内の前に8安打を放つも要所を抑えられゼロ行進。力投するエースに援護できず、昨秋早稲田戦以来11カードぶりに第1戦を落とした。

 王者はスキを見逃してくれなかった。「細かいところをしっかりしていかないと」(竹田主将・文4)。負けられない大事な一戦で小さなミスが試合に響いてしまった。3回に先頭・竹内(慶応)のライナー性の打球を、記録はヒットだったものの、二塁手・上本がはじいてしまい出塁。その後送りバントから山ア(慶応)の先制適時二塁打へとつながってしまう。序盤の小さなミスが試合の展開を厳しいものにした。
 1点ビハインドの4回には阿加多(慶応)の左中間三塁打から打撃妨害、盗塁で1死二、三塁のピンチを招く。8番福富(慶応)の放った打球はセカンドへ。二塁手・上本(商3)は本塁へ送球し三塁走者を挟み込んだ。確実に走者をアウトにしピンチを切り抜けたいところ。だが川辺(商4)の投げたボールが三塁走者に当たってしまいボールは転々。その間に走者が生還してしまい、痛恨の追加点を許してしまった。

 安打数は慶応と同じ8。それに毎回走者を出し、多くのチャンスはつくった。しかし得点は0―2と得点力の差が出てしまった。ストライク先行をさせ、マイペースの投球を見せる竹内をとらえられず迎えた9回。1死から今日それぞれ2安打、3安打と奮起した阿部(寿・情コミ4)、川辺の連続安打で1死一、三塁と最大の好機をつくる。本塁打で一気に逆転という場面で代打に送られたのは、対法政1回戦で試合を決める適時二塁打を放った小川(商3)。紫紺で埋められたスタンドの声援も一段と大きくなり、逆転への期待も高まった。だが外角低めいっぱいに決まった速球に手が出ず3球三振。続いて代打に送られた柴田(悠・法2)も二ゴロに終わり、最後まで得点を奪うことはできなかった。
 打つべき人が打てなかったことも痛かった。ここまで好調の打線を引っ張ってきたクリーンナップが今日は無安打。「大振りになってしまいました」(竹田主将)とコンパクトなスイングができず、打線につながりをもたらすことができなかった。
3回、山アに適時二塁打を打たれ打球の行方を追う野村
3回、山アに適時打を打たれ打球の行方を追う野村


 早稲田、法政を倒し開幕2カードを勝ち点2と、好調な滑り出しを見せた明治。慶応が既に勝ち点を落としている状況は有利なものだった。だが初戦を落とし逆に状況は厳しいものに。「(慶応とは)集中力の差が出ました」(阿部寿)と追い込まれた王者・慶応の意地に跳ね返されてしまった。第2戦の先発は難波(情コミ4)が濃厚。難波は今リーグ2試合に登板し、好投を見せたが打線の援護なく2敗を喫している。「明日は積極的にいくしかないです」(阿部寿)。投手陣が踏ん張っているだけに好調の打線が奮起したいところだ。戦力が拮抗(きっこう)しているリーグ戦4季ぶりの優勝へ――。もう負けは許されない。

☆野村が通算334奪三振で偉大なる先輩故・秋山登氏(昭31年卒)に並ぶ☆
 6回に宮本(慶応)からこの日5個目の三振を奪い、これでリーグ通算歴代7位の334奪三振。明大野球部OBである故・秋山登氏の記録に並んだ。野村は「偉大な先輩に近づけて光栄です」と大記録を誇った。

[桑原幹久]

◆明大打撃成績◆
打順守備名 前
(二)上 本.280左飛右飛  右安三振
(中)田中(勇) .250三振  中安  投併     
野 原 .000       三ゴ  
中村(将) .211    
(左)島 内 .409一ゴ  右飛    中飛 三振
(一)竹 田 .172中飛一ゴ  二飛 三振
(右)中 嶋.292三振  遊ゴ  死球  遊ゴ
(遊)阿部(寿).333四球  左安  遊ゴ中安
(捕)川 辺.346  中安  中安  一飛右安
(投)野 村.286  三振遊ゴ中安
小川(健).333                三振
(三)小林(要).158  二ゴ  二ゴ     
植 田.500            右飛    
川嶋(克)                  
柴田(悠).000                二ゴ
   34.280                  

◆明大投手成績◆
名 前球数
●野 村1242.77

勝敗表 第4週10/1現在 
試合勝利敗戦引分勝ち点勝率
明大---○●○◯●◯74302.571
慶大---○●●○○64201.667
早大●○●---○○64201.667
立大●●---○○42201.500
法大●◯●●○○---63300.500
東大●●●●---50500.000

◆選手コメント◆
竹田主将
「ミスが出て苦しい展開になってしまいました。(2点目を失った)4回もそうですし、3回の上本のはじいたのも(3回、先頭打者の頭上へのライナーを弾いて右前打。記録は安打)失点につながってしまいました。細かいところをしっかりしていかないと失点してしまいます。(竹内大投手に対しては)みんな大振りになってしまいました。明日からもっとつなぐ気持ちを心がけていきたいです。明日以降はとにかく勝ち点目指して、勝つだけです」

先発の野村
「(投球の)調子自体はよかったので、負けてしまったのは仕方がないです。(通算334奪三振数が秋山先輩に並び(歴代7位タイ))偉大な先輩に近づくことができて光栄です。明日は勝つしかないです」

4打数3安打の川辺
「今日の負けは受け入れ、これで終わりではないのでしっかり準備していきたいです。野村の調子はまあまあでした。(本日絶好調だった自身の打撃については)ヒットは打ててよかったですが、点につながらなかったので明日は点につながる打撃をしたいです。明日は負けたら終わりなので絶対勝ちます」

2安打1四球の阿部(寿)
「2安打打っても負けてしまったら意味がないです。慶応とは集中力の差がありました。あと一本が出せなかったです。明日は積極的に攻めていくしかないです」

☆応援へ行こう☆
10月2日 13時試合開始予定(一塁側)

☆神宮球場アクセス☆
・東京メトロ銀座線 外苑前駅より徒歩3分
・都営大江戸線 国立競技場駅より徒歩7分
・JR総武線 信濃町駅より徒歩7分 千駄ヶ谷駅より徒歩10分


ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: