検索
 HOME > バドミントン部

白熱した試合を見せた田渕

バドミントン部  勝利まであと一歩と迫るも無念の敗戦/関東大学秋季リーグ戦

◆9・18 平成23年度関東大学バドミントン秋季リーグ戦(日体大米本記念体育館)
▼男子(1部リーグ)
 明大2−3法大○
 橋本(政経3)●0−2
 末松(政経3)●1−2
 小野寺主将(法4)・中木(商2)組○2−0
 藤井(政経1)・山口(商1)組◯2−1 
 田渕(文4)●1−2
▼女子(2部リーグ)
 〇明大5―0東女体大
 伊藤(政経1)◯2―1
 森(商3)◯2―0
 池田(商2)・木村(文2)組〇2―0
 樋渡(政経4)・岡田(文3)組〇2―0
 白井(文1)〇2―1
 全勝での入れ替え戦進出へ、「昨日のいい流れ」(白井・政経1)を継続させたかった今日の東京情報大戦。結果だけ見れば5ー0の完勝だが第2シングルスに出場した森にアクシデントが起こった。床で滑ってしまった際に、足ひねってしまう。試合は中断され、治療を行うことに。試合は再開されたものの、足を気にしながらのプレーを余儀なくされる 。しかし、相手も同じく足をひねり、最後には気持ちで上回った森のストレート勝ち。その後も女子は森に続くように勝ちを重ね、5―0の完勝となった。

 一方男子は最後の最後まで勝敗が分からない戦いが続いたが、あと一歩のところでチームとしての勝ちを逃した。シングルスが連敗してしまい、チームカウント0−2。1つも落とせない状況となったがそこから明治が粘りを見せる。第1ダブルスを取り、続くは藤井・山口の1年生ペア。気合いを全面に押し出し、リーグ戦初勝利へ向けてプレーする。第3セット、デュースまでもつれてしまうが取りきる。チームの勢いは最高潮に達し、最終シングルスのエース田渕の試合。田渕が強烈なスマッシュを打っていくも、相手も巧みに返してくる。他の大学の試合が全て終わり、両チームの女子も応援に参加。ベンチと観客席まで一体となり、1ポイントごとにため息や歓声が会場を包んでゆく。試合はシーソーゲームとなり第1、2セットとも最後までどちらに転ぶか分からない展開に。どちらも譲らぬまま、とうとう最終セットを迎えた。中盤から田渕のショットが、アウトやネットに引っ掛かり少しずつ引き離されていく。体勢を崩しながらも返してはいくが、流れは完全に相手にいってしまいそのまま無念の敗北。ぎりぎりまで追い詰めたが、最後は逆転することはできなかった。

 次戦勝利すれば、1部残留、入れ替え戦がそれぞれ自力で決まる男女。目標まであと一歩だ。

☆選手のコメント☆
〜男子〜
小野寺主将

「自分のところまで負けが続いたので、とにかく勝って流れを変えたかった。法大には絶対に勝たなければいけなかった。田渕には勝って欲しかったので、残念。シングルスが取れず、ダブルスで勝ったことは予想外だった。やってみないとわからない相手だが、中大戦は3―0で勝ちたい」

藤井
「(自身の)3連敗でモチベーションが下がったが、小野寺さんに試合は試合だから試合には出す、関係ないといわれた。1年生は勢いが必要だと思い直して、とにかく気持ちで負けないようにした。最後は自分のやるべきことをしっかりやりたい」

〜女子〜

「勝とうという気持ちがチーム全体にあって、1部へ向けてまとまっている。試合に出た人は出ていない人の分まで頑張らないといけない。気持ちは維持しつつも、リラックスして望みたい。どんなに悪くても、勝ちたい」

白井
「4―0でまわってきて、とにかく5―0にしたかった。1部に上がろうと必死で先輩の気迫に圧倒された。2ゲーム目はダメだったが、もっとできると奮い立たせた。サポートをちゃんとして、少しでもチームに貢献したい」

[今野春佑]

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: