検索
 HOME > バドミントン部

小野寺主将(右奥)のひとことから練習が始める

バドミントン部  今年初の公式戦へ!男子、意気込み語る/関東学生選手権事前取材

 
 「相当ショックだった」(田渕・文4)。3月に日本を襲った未曾有の大震災により、春季リーグが中止となってしまった。男子は1部昇格を果たしてから初めてのリーグ戦。ようやく1部という大舞台のコートに立てる。選手誰もが1部で戦えることを今か今かと待ち望んでいた矢先のできごとだった。
 しかし、いつまでも落ち込んではいられない。明日からは関東学生選手権・男子ダブルスが16日からは男子シングルスが始まる。リーグがなくなってしまった分、ここで力を見せなければ意味がない。「練習してきた全てをぶつけてきます」(田渕)。今大会で彼らはどのような戦いを見せてくれるのか。部の大黒柱である小野寺主将(法4)と田渕、そしてキーマンとなるであろう橋本(政経3)に意気込みを聞いた。

◆小野寺主将◆
・東日本大震災の影響により、春季リーグが中止となってしまいましたね
――リーグ戦に向けてモチベーションを高めていたので、正直残念でした。1回士気が下がってから、まだもとに戻っていないので、意識を高く持っていきたいです。

・それでも練習の雰囲気がいいように感じましたが
――やはり1部にいるというのは大きいですね。基本的な意識が変わりました。

・1部に合わせた練習などは意識しているのでしょうか
――練習は厳しくなってます。1部の相手は、思っているよりも強いチームなので。

・主将という立場には慣れましたか
――まだまだですね。常に指導者がいてくれるわけではないので、その分まで自分がしっかりしないといけない。そこがなかなか難しいところです。

・どのようなチームを目指したいですか
――ひとつになりたいです。バドミントンは個人的な戦いが多いですけど、一致団結しないとチーム全体のレベルは上がっていかないですからね。

・今大会への意気込みをお願いします
――ベスト4以上でインカレに出ることです。4年生は意地があるので、簡単には負けたくないですね。


◆田渕◆
・田渕さん自身の調子はいかがですか
――就活で実業団とかに行って練習してきました。そこで日本のトップレベルの社会人と試合をして、そういう環境でやっていたので精神的にも体力的にもレベルアップしたのではないかと思います。アドバイスも頂けて、悪いところとかも指摘してもらえたので。ただ、そこで練習した成果を試す機会(春季リーグ)がなくなってしまって……。

・春季リーグ中止はやはりショックでしたか
――相当ショックでした。1部に上がって、初めてのリーグでしたからね。4年間やってきた中で一番楽しみにしていたリーグだったので……。1部は同じレベルの選手や上のレベルの選手しかいないじゃないですか。だから、勝てば自信になるし負ければもっと練習しなくちゃっていう気持ちになる。だから、自分の成長のためにも楽しみにしていたのですけど……。

・リーグはなくなってしまいましたが、チームの雰囲気はいかがですか
――1年生が部を盛り上げてくれています。
シングルスでの活躍が期待される田渕
シングルスでの活躍が期待される田渕

・田渕さん自身は副将としてどうチームをまとめていきたいですか
――主将の小野寺はダブルスの選手なのですが、自分は基本シングルスでやっていくので。普段の練習はシングルスとダブルスで分かれて練習するのですけど、自分はシングルスのトップとしてチームを引っ張っていきたいです。そのためには自分が気が抜けていたら駄目なので引き締めていきたいですね。練習から緊張感を保って、自分がいかにそういう環境をつくっていけるかが大事だと思います。

・では最後に今大会への意気込みをお願いします
――ベスト4に入って、インカレにつなげたいです。

◆橋本◆
・部の雰囲気はいかがですか
――この大会に向けて、本気で取り組んでいます。5月に練習試合があったのですけど、そこで中大と法大とやって、ズタズタにされてしまって。12月、1月、2月は成果が出ていたのですけど……。このままじゃやばいと思ってさらに本気になって練習しています。
練習も試合同様の緊張感を持って
練習も試合同様の緊張感を持って

・橋本さん自身の調子はいかがですか
――まあまあです。ちょっとずつ体力がついてきたとは思っています。スピードをつけた分、体力が必要になってくるので。スピードをつけると体が疲れやすくなるのでそこら辺をうまく緩急つけてプレーしていきたいですね。球の使い方も分かってきました。あと、筋肉もついて、パワーアップしました。スナップや振ったときの音が変わりましたね。

・では今大会に向けて意気込みをお願いします
――試合自体が久しぶりなので実力を発揮できるようにしたいです。結果より試合で実力を最大限発揮することを目標にしていきたいです。
練習後、リラックスして笑顔を見せる橋本
練習後、リラックスして笑顔を見せる橋本


◆小野寺勝也 おのでらかつや 法4 札幌一高出 180p・65kg
◆田渕雄喜 たぶちゆうき 文4 札幌一高出 180cm・65kg
◆橋本翔太郎 はしもとしょうたろう 政経3 青森山田高出 174cm・63kg








[二瓶仁志・若槻春香]



ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: