検索
 HOME > バドミントン部

順調に白星を挙げる男子勢

バドミントン部  ルーキーの活躍光る/関東大学春季リーグ戦

◆平成18年度関東大学春季リーグ戦(日体大米本記念体育館)
▼男子2部リーグ戦 ○明大3―2神大
          ○明大4―1千葉商科大
          ○明大4―1東海大
 女子1部リーグ戦  明大1―5早大○
           明大1―4日体大○
           明大0―5専大○
 いよいよ開幕を迎えた春季リーグ戦。女子は1部、男子は2部とフィールドは違えど、共に白熱した戦いを見せている。

 昨年、創部初の1部昇格を果たし、勢いに乗っている女子部。しかし初めて臨んだ1部では、初戦から苦戦を強いられた。実力の差を見せ付けられ、これまで3敗を喫するも、ルーキーの南出(商1)がテンポの良い切り返しで相手を圧倒。他が負ける中、ただ一つの白星を上げた。そして石川(文1)・村山(農1)のダブルスも大学から組んだとは思えない抜群のコンビネーションを見せ、今後の活躍に期待が懸かる。

 今季男子部は2部優勝、さらには念願の1部昇格に挑む。初戦の神大戦。最初のシングルスを落としてしまうが、その不安を打ち消すかのような4年生の活躍。チームは4年生を中心に一つにまとまり、続く2・3戦目は危なげなく勝ち進んできた。あと2戦残してはいるが、優勝の二文字が目前まで見えてきている。このまま集中力を切らさず、入替戦まで持ち込めるか。最後まで目が離せない。




ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: