検索
 HOME > 硬式野球部

先頭打者本塁打を打たれ、意気消沈する明大ベンチ

硬式野球部  悪い流れ止まらず……。優勝の夢消える/東京六大学春季リーグ戦

◆4・9〜5・29 平成23年度東京六大学野球春季リーグ戦(神宮球場)
▼5・17 対慶応4回戦
 明治0―5慶応◯

4回戦
明治
慶応×
○竹内4勝2敗 ●難波1勝1敗
 悪い流れはとまらなかった。1勝1敗1分けで迎えた今日の慶応戦。明治は序盤に取られた点を返すことができず、今季初の完封負けで勝ち点を落とした。この敗戦によって、今季の優勝の夢ははかなく崩れ去った。

 「2戦目、3戦目で勝ちきれなかったことが、今日の敗戦に響いた」(竹田主将・文4)。第2戦はあと1球で勝利が決まる場面で同点タイムリー浴び、引き分けに持ち込まれた。第3戦は3連投となるエース・野村(商4)が大学最短KOを食らい敗戦。そして、自慢の守備で失策が4つ出てしまう悪夢のような試合でもあった。

 流れを止めるべく4回戦に挑んだが、試合開始時点で打率.129の辰巳(慶応)に先頭打者ホームランを打たれ、先制点を許す。この1本は、明大ナインに昨日の悪夢を思い起こさせる、1点以上の意味のあるものとなったのだろう。そして、さらに3本の安打が飛び出し1点を失った。2回は三者凡退に抑えるも、3回には4安打で2点を失い、さらに5回には山崎(慶応)に本塁打を浴び5−0。好調な慶応投手陣のことを考えると、絶望的な点差となってしまった。

 全く走者が出ていなかったわけではない。先頭打者の出塁は慶應の4度に対し、明治も3度あった。しかし、その内2度は強行策もむなしく併殺打。5回には、1死二、三塁のチャンスがあったが、走者を1人も返すことはできなかった。打線が線にならず、得点に繋がらなかったことが敗因の一つと言える。

 しかし、守備は悪いムードの中でも、集中力を切らすことなく好プレーが多く見られた。特に、阿部(寿・情コミ4)のセカンドベース後方での背走キャッチは、守りからリズムをつかもうという気迫が伝わるプレーだった。また、6回から登板した関谷(政経2)も、集中力を切らさず、3回を9人で終わらせる完璧な投球を見せた。

 今日の敗戦で3季ぶりの優勝はなくなり、今週末の法政戦はAクラス入りを懸けた戦いとなった。プライドのため、また秋にいい形でつなげるためにも残る試合を大事に戦ってほしい。


[木村揚輔]
◆明大打撃成績◆
打順守備名前
(三)川嶋克弥.286左飛  一ゴ            
  森田貴之.000                  
  高橋隼之介.000          左飛      
  関谷亮太.000                  
  野原泰平.667                左飛
(中)田中勇次.182投ゴ    中飛  遊ゴ      
  竹内啓人.167                中飛
(左)島内宏明.448三振    中直  二ゴ    三振
(一)竹田育央.342  中安  一ゴ    右安    
(右)中嶋啓喜.290  遊併    四球  三振    
(捕)川辺健司.225  遊ゴ    捕飛  投ゴ    
(遊)阿部寿樹.182    三ゴ  左二    右飛  
(投)難波剛太.333    一ゴ            
  小林要介.133        投ゴ        
  中村将貴.207              中直  
  佐野一徳.―                  
(二)上本崇司.167     左安  三振    中飛  

◆明大投手成績◆
名前
難波剛太21/32.01
森田貴之22/30.93
関谷亮太1.42


ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: