検索
 HOME > バドミントン部

MVPに輝いた中口(左)・松尾ペア

バドミントン部  男子、奇跡の優勝!入れ替え戦へ/関東大学秋季リーグ戦

◆9・17〜23 平成19年度関東大学バドミントン秋季リーグ(日体大米本記念体育館)
[男子2部リーグ戦]
▼4回戦   明大0−5神大○
▼5回戦  ○明大4−1淑徳代

[女子1部リーグ戦]
▼4回戦   明大1−4専大○
▼5回戦   明大2−3筑波大○
 5日間あるリーグ戦も後半戦に突入し、残り2日となった。女子は強豪ばかりの1部でまず1勝を、男子は前半戦の勢いのまま全勝優勝で1部昇格を目指す。
 
 4日目、女子の相手は春季2位の専大。前半戦は波に乗れない秋山(文2)・富永(法2)ペアだったが、攻めの姿勢を取り戻し復活。1−4で負けはしたが今後に期待できる内容だった。

 一方男子は今大会の山、神大との全勝対決を迎えた。第1シングルスのエース・増渕(法3)がまさかのストレート負け。続く第2シングルスは、4年の底力を見せたい田沼(政経4)。だが、いつも通りの動きができず、19−20で競りながらあと1点が取れず惜敗。崖っぷちに立たされた明治。流れを変えたい松尾(商4)・中口(商3)ペアはファイナルセットまで持ち込んだものの、終始神大にリードされたまま勝ち星を奪われた。これにより自力での2部優勝は消えた。

  いよいよ最終日。筑波大相手に女子は石川(文1)が2−1で競り勝つ。続く南出(商1)が惜しくも0−2で負け、前日調子のよかった秋山・富永ペアは流れをつかめず敗北。石川・村山(農1)ペアが見事ストレート勝ち、勝負は第3シングルスに持ち込まれた。みんなの期待を背負い鈴木(商2)が最後のゲームに挑んだが、粘りきれず黒星。今季も1勝を挙げることができなかったが、2ゲームを奪えたことは大きな収穫だ。

 そして、前日「負けてみんな落ちてる。切り替えて臨みたい」(松崎主将・政経4)と意気込んで臨んだ男子。大きくメンバーチェンジし、昨日の暗いムードを払拭。4−1で淑徳国際コミュニケーション学部に勝利した。東海大が神大を3−2で負かし、明治は勝率で神大を上回り2部優勝が転がり込んだ。「優勝の可能性は0だと思ってたから嬉しい。自分たちが勝って決めていないから、余計に次は勝たなければならない」(松崎主将)。
 
 男子、女子ともに厳しい試合を乗り越え大きく成長できた今大会。運命の1部2部入れ替え戦は来る30日だ。「勝ちます」と全員、入替戦に向けての意気込みは十分だ。

[栗橋あゆみ]

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: