検索
 HOME > ラグビー部


八幡山日誌  (68)12月18日、大学日本一へ!大学選手権明日開幕  

 
 大学選手権初戦を明日に控え、Aチームは軽めの練習で試合に備えた。
 今年の明治は93人全員の「チーム力」で一つ一つ白星を重ねてきた。その分、選手たちは皆今年のチームへの思い入れも強い。「一日でも長くこのチームでラグビーをしたい。だから絶対に負けられない」。その強い思いを胸に、大学日本一に向けて、明治は明日、中大戦に臨む。

[江崎冴香]

〜選手のコメント〜
杉本主将(商4)
「大学選手権は負けたら終わり。悔いが残らないようにしたい。明日は今までとプランは変えずにFWで押しBKでしとめる。FWはBKをうまく生かせるようにFWとBKの連携を生かす。悔いが残らないよう一戦一戦戦っていきたい」。

渡部(営4)
「緊張はあまりしていない。試合前になると緊張する。中大は高校の知り合いが多く負けられない。早稲田戦でのFWの修正点を頭に入れて、ラインアウトの安定とスクラムトライを狙っていきたい」。

城(政経4)
「やるしかない。中大は春にやった時に2トライ取られていて弱くないチーム。自分たちのラグビーをしたい。早明戦の課題は練習でも直しているが明日の試合で成果を出したい。自分の持ち味はスクラムとブレイクダウン。そこで圧倒したい」。

古屋(商2)
「選手権は負けられない戦い。中大はひたむきにやるチームだから、自分たちは受けないようにする。早明戦ではラインアウトの調子が悪かったので、練習ではそこを中心にやってきた。あとFWにこだわりすぎたので、BKに回すことを意識したい。自分はボールをたくさんもらって強いプレーをしたい」。

名嘉(政経4)
「できてもあと4・5試合で、緊張よりも一日一日を楽しんでいる。楽しむといっても部員93人がいて自分たちがいる。いい試合だったと言われるように、過程を大事にしてやりたい」。

堀江(商2)
「今日の練習は早稲田戦での修正点を克服していいかたちでできた。大学選手権は負けたら終わりなので負けられない。初戦から勝ちにこだわって自分たちのプレーをかたちにしたい」。

秦(法3)
「早明戦はFWにこだわったが決め切れなかった。BKも決定力があるので、FWで行きつつもいかに崩してBKにつなぐか。自分はFWとBKをつなぐポジションだから、FWをコントロールして、SOなどにいい球を供給したい。中央はSOのキック中心に展開するチーム。選手権は負けたら終わり。一日でも長く4年生とこのチームでやっていきたい」。

田村(文4)
「明日は100%やりたいラグビーができるように気負い過ぎないようにしたい。接点で圧倒して明治ができるというアピールをしたい。早稲田戦はFWに固執しすぎてしまったとこはあるけど、それが自分たちの取り方。スタイルは変えない。ただそこを再強化してきたので質が上がったプレーを見せる」。

山口(裕・営4)
「中大はキックが多いというイメージ。自分の持ち味は走ること。明日は自分のラグビーをしたいと思う。みんなとできるだけ長くラグビーをしたい」。

大澤(法4)
「相手がどこというのは関係ない。自分たちのラグビーをして勝つだけ。明日はDFでチームに貢献したい」。

衞藤(営4)
「選手権は初戦が大事。そこに全部ぶつけていきたい。中大は組織ができているチーム。だけど、大丈夫です。早明戦は1対1が課題だった。中大戦のときには修正する。そこで出さないと日本一にはなれない。個人的には絶対に抜かれずに、しっかりBKで決め切りたい」。

木村(商2)
「明日はチャレンジのつもりで臨む。1対1で勝つということを意識して、キックカウンターを多用していきたい」。

小泉(営3)
「選手権は一回も負けられない。早明戦では攻守でFWにこだわり過ぎてしまった。中大は春戦ったチームだが、強くてまとまっているから油断できない。明日はFW、BK一体となって臨みたい」。

茅島(商3)
「明日はボールを持ってからのプレーと1対1のときに押し負けずに1歩も下がらないDFを見せたい。大学選手権は一つ一つの勝ちにこだわりたい」。

友永(政経2)
「今日の練習は雰囲気が良かった。負けられないという空気がピリピリ出てた。大学選手権は目標はもちろん優勝だけどそのために一つ一つ負けられない。勝つためにひたむきなプレーをして頑張る」。

日高(文3)
「明日は楽しみな気持ちと緊張が半分半分。負けられない戦いなので、4年生と少しでも長く試合できるよう、勝ちたい。個人としてはセットプレーを安定させたい」。

山口(修・政経1)
「まず試合に出たい。この間のサントリー戦で意外にボールが回せた。いつもは染山さんと組んでいるので、明日は出場機会があれば優(田村)さんにちゃんと球を出せるようにしたい」。

猿楽(政経2)
「風邪気味で練習がきつかった。体調は良くないけど明日は大丈夫です。いつもどおり楽しくやりたい」。

佳久(法2)
「(大学選手権初戦を迎えることについて)こんなところでは負けていられない。(地元の名古屋で)応援してくれる人のために頑張る」。

<明日の試合>
第47回全国大学ラグビーフットボール選手権大会 一回戦 対中大戦(瑞穂公園ラグビー場・14時開始)



●八幡山日誌のバックナンバー

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: