検索
 HOME > バドミントン部

バドミントン部  女子、入替戦進出を逃すも秋へ前進/関東大学春季リーグ戦

◆4・24〜5・3 平成22年度関東大学バドミントン春季リーグ戦(日体大米本記念体育館)
▼女子(2部リーグ)
○明大3―2帝大
○明大3―2東京経済大
 明大1―4日女体大○
 明大2―3東海大○
 明大1―3東女体大○
 昨年度、春季リーグ戦で2部に降格して以来、1年ぶりの1部を目指し、満を持して臨んだリーグ戦だった。しかし、かつての格下校相手に大苦戦。2勝3敗と戦績は振るわず、入替戦への進出も逃してしまった。

 「苦戦を強いられているのは他大も同じ」と、鈴木監督は冷静に今回のリーグ戦を分析した。1部2部ともに選手たちのレベルが拮抗(きっこう)し、どっちが勝つかわからない試合ばかりだったという。試合内容を見ても、取ったり取られたりのクロスゲームが目立った。しかし、そういった接戦で課題である精神面での弱さが露呈。試合を有利に進めながらも「突然がたがたと崩れてしまうことが多かった」と、苦い表情で石川(文4)は語った。

 今回、入替戦への進出は逃したが、チームはすでに秋季リーグ戦を見据えている。今年からコーチが3人となり、技術面はもちろん、弱点である精神面での成長も期待できるだろう。明治のプレーする舞台は、やはり1部にしかない。「秋では男女ともに1部に上げる」と、鈴木監督は真っすぐ前を向いた。

[片山裕章]

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: