検索
 HOME > 硬式野球部

被弾し天を仰ぐ野村

硬式野球部  痛恨の連続悪送球、連敗で立教戦落とす/東京六大学春季リーグ戦

◆4・10〜5・30 平成22年度東京六大学野球春季リーグ戦(神宮球場)
▼5・2 対立教2回戦
 明治5―6立教〇
 昨秋に続き、立教との初戦を落とし、後が無くなった明治。最終回に反撃するも、2つのエラーやバントミスが響き敗戦。連敗で立教から勝ち点を落とした。

 先発は長身左腕の西嶋(商4)。初回を3人で抑え、上々の立ち上がりを見せる。そしてその裏、山口(政経4)、今日3番起用の荒木(郁・営4)の連打で1アウト1、3塁のチャンスをつくった。続く謝敷(商4)の内野ゴロの間にランナーが先制のホームイン。同級生の西嶋を援護する貴重な先制点を挙げた。

 続く2回、相手のエラーでチャンスを広げた。この場面で中村(法3)、山口から連続タイムリーが飛び出し、さらに2点を獲得し3対0とリードを広げた。

 しかし4回表、先頭の田中(立教)にツーベースを打たれた。この試合最初のピンチを迎えたところで、この試合の流れが傾き始める。前田(立教)のタイムリーや、ゲッツーの間の失点で、この回2失点。リードしてはいるものの、この失点で明大応援席に不穏な空気が流れ始めた。

 悪い流れは断ち切れない。5回、先頭の丸山(立教)の打球が1、2塁間へ。周りこんでうまく取った上本(商2)だったが、送球が逸れ4回に続いてノーアウトランナー2塁のピンチを迎えた。ここで、立教ベンチはバントを選択。1塁線に転がった打球を西嶋が痛恨の悪送球。2塁ランナーが悠々とホームへかえり、連続エラーという最悪の形で同点にされる。ここで、明治は守護神の森田(法3)をマウンドに上げるも、流れは断ち切れなかった。さらにタイムリーを浴び3対5と逆転を許した。

 2点ビハインドで早く追いつきたい6回裏。フォアボールを2つ選びチャンスをつくる。しかし、後が続かずこの回も無得点。立教投手陣の前に4回以降安打が出ない。

 これ以上の失点を許せないこの場面で、マウンドには昨日先発の野村(商3)が上がる。勝利のための苦肉の策だったが、ツーアウトから田中にソロホームランを浴び、手痛い1点で、点差は3点に広がった。

 最終回、ワンアウトから代打の池永(営4)が意地のツーベースを放つ。すると、内野ゴロの間にランナーが進塁し、山口が今日2本目のタイムリーを放ち、1点追加。続く荒木(郁)にもヒットが出たところで、立教は昨日好投した岡部(立教)をマウンドに上げた。謝敷のデッドボールで、ランナーがたまり満塁。ここで矢島(商4)がタイムリー内野安打で1点差に詰め寄り、なおもツーウトランナー満塁の場面で山内主将(文4)が打席に立った。粘りに粘り、フルカウントからの6球目、捉えたかに思われた打球だったが、ライトライナーで試合終了。

 早稲田戦に連勝したのもつかの間、立教に連敗で勝ち点を落とす結果となった。しかし、優勝の可能性はまだ残っている。本当の戦いはこれからだ。
[木村揚輔]

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: