検索
 HOME > ラグビー部


八幡山日誌  (63)1月1日 準備万端、いざ帝京大との一戦へ  

 
 帝京大戦を明日に控えた元日、選手たちはリラックスした表情で練習に取り組み、ラインアウトからの展開、キックオフからのプレーの流れを確認。チームは軽めの調整で練習を終えた。

 対抗戦で56−0の大敗したリベンジを果たすため、そして勝てば11年ぶりとなる大学選手権決勝進出を決めるためにも、絶対に負けられない一戦。
 生まれ変わった明治が、いよいよ真の勝負のときを迎える。

[西村元英]

◆先発メンバー&リザーブ◆
1.PR木暮 宗(商2)
9.SH秦 一平(法2)
16渡部 逸記(営3)
2.HO伊吹 誠介(政経4)10.SO田村 優(文3)
17榎 真生(政経1)
3.PR小野 慎介(政経2)11.WTB小泉 将(営2)18友永 恭平(政経1)
4.LO鎌田 祐太郎(法4)12.CTB溝口 裕哉(政経2)19竹内 健人(営1)
5.LO名嘉 翔伍(政経3)13.CTB衞藤 陽介(営3)20下村 真太朗(法2)
6.FL堀江 恭佑(政経1)14.WTB居迫 雄大(法3)21染山 茂範(政経1)
7.FL西原 忠佑(政経4)15.FB石丸 剛也(政経4)22猿楽 直希(政経1)
8.NO.8杉本 博昭(商3)


〜選手のコメント〜
木暮
「調子は上々です。明日の相手は体が大きいので、タックルも下にささるように入って動きを止めたい。明日国立で試合できるのがすごく楽しみ。スクラムでしっかりボールをキープしてBKにいいボールを提供できるように頑張りたい。絶対に勝ってリベンジを果たしたい」。

伊吹
「前回が大敗だったのでもう失うものはない。メンタルの指導では前回の試合にとらわれないことが大事とのことだったし、同じ相手に2度も負けるのはないので切り替えて死ぬ気でいく。(帝京大は)接点も激しいし早稲田も破っていて強いのは分かっているが、こっちは前回は自分がゲームキャプテンをやっていたくらいで、今回のチームのまとまりとは全然違ってきている。自分が帝京大の立場だったら、前回勝っていても選手権で国立の舞台だし、明治があれから変わってきているのを見て引き締めていくだろう。だからこそ立ち上がりでプレッシャーをかけていきたい。勝負はFW戦になる。向こうはでかいし密集が強いイメージがあるが、こちらはテクニックと走り勝つラグビーで1対1で圧倒できるように戦いたい。選手権の最初から、負けたら引退というのがあったので正月だからどうというのはないが、いつもテレビで見ていた舞台に立てること、ラグビーをできることを喜びに感じて、支えてくれている人たちのためにも頑張りたい」。

名嘉
「明日対戦する帝京大は強いが、頑張る。今までの戦績を気にしたら戦えなくなってしまうので、気にしない。対抗戦の帝京大との試合後からチームの調子は右肩上がりだし、あの時はメンバーが若かったが今回は頼りになる4年生もいるから違うはず。スクラムも今よりよくない状況で組んでも自信を無くすほどではなかった。見ているほうからしたら不安かもしれないが、やれると思ってやる。関西学大戦は点差が開いて気持ちが抜けてしまった部分があったので、明日は一瞬一瞬を楽しみます」。

堀江
「帝京大は関西学大よりFWが強い。特にフロントローの3人がでかいので要注意だと思う。この3人と、外国人選手にどれだけプレッシャーをかけられるかが勝利のカギ。モールもなるべく組ませないようにしたい。個人的な調子は良いし、チームも対抗戦のときよりも一体感があってまとまっている。対抗戦で帝京大に完敗したリベンジを果たすためにも、良い試合をしたい」。

杉本
「明日はツイ、ボンドの2人をしっかり止めれば帝京大も勢いに乗らないと思うし、そこが勝つためのカギになると思う。
関西学大にはモールで3トライを奪われたけど、あの時は相手に分析されていて相手の戦略にはまってしまった。拓大のモールは3人ぐらいしか人数を掛けなくても止められたということもあったし、関西学大戦はモールDFに人数を掛けすぎると相手がサイドアタックで来るということに意識が行き過ぎていた。関西学大戦でモールDFに関しては試合中に修正できたし、明日もそこに関しては心配ないと思う。
 今年はリンクプレー(周りを生かすプレー)の意識が強いので、明日は自分がボールをもってゲインしたい。それができた試合は勝つ確率も高いし、ボールをどんどんもらいにいって、自分がゲームの流れをつくりたい」。


「対抗戦の帝京大戦では相手も強かったが、自分たちがやりたかったことができなかった。明日は対抗戦のリベンジもあるけど、しっかり勝って決勝に行けるように頑張りたい」。

田村
「チームも自分の状態も上がってきている。正月だからということも意識していない。ただやるだけです」。

衞藤
「関西学大戦の後も、しっかりコンタクトの練習を重ねてきた。厳しい練習をしていかないと強くならないし、みんなの意識も高くなってきている。(明日の帝京戦は)対抗戦で負けているが、それから相手もこっちも変わってきているので前の結果は関係ない。0からという気持ちで戦う。明日は自分がBKを引っ張っていき、帝京に勝ちたい」。

<明日の試合>

第46回 全国大学ラグビーフットボール選手権大会 準決勝 対帝京大戦(国立競技場・14時開始)


●八幡山日誌のバックナンバー

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: