検索
 HOME > ラグビー部

タイガージャージに立ち向かう杉本

ラグビー部  自滅で慶応に大敗、今後の修正急務に/関東大学ラグビー対抗戦

◆9・12〜12・6 関東大学ラグビー対抗戦Aグループ(国立競技場他)
▼11・1 慶大戦(秩父宮ラグビー場)
明治5{0−12、5−27}39慶大○

◆スコア◆
明治
慶応
前半後半得点前半後半
PG
DG
1227
合計
39
 芝が波打つほど、強風が吹き荒れた秩父宮ラグビー場。その風を味方に付けられず、前半を劣勢で終えると、後半は慶應の圧力の前になす術なく今季初黒星を喫した。

 明治のキックオフで始まった伝統の一戦。序盤は固さが残るのか、どこかボールが手に付かない明治フィフティーン。それを象徴するかのように、前半13分、慶應SOのキックを処理しようとした居迫(法3)と秦(法2)がまさかのお見合い。ルーズボールをうまく処理した慶應CTB増田にトライを奪われ、自分たちのミスから失点してしまう。その後も強い風の影響で、FB呉(政経4)のキックがことごとくダイレクトタッチとなり、思うようにペースをつかめない明治。それでも、「気持ちでディフェンスする。絶対に抜かせない」(溝口・政経2)の言葉通り、全員が相手に喰らい付き慶應の攻撃を食い止め続けた。前半終了間際には杉本(商3)のパスが相手にカットされ追加点を奪われたものの、前半のスコアは12−0。予想通りロースコアの展開に持ち込み、「ミスさえなければ」と、なんとか後半に望みを持たせる内容だった。

渋谷は力強く突破を図る
渋谷は力強く突破を図る
 だが、やはり慶應は強かった。「春・夏の試合を終えて、明治にはセットプレーで劣勢になることはないと分かっていた。だから、あえて前半風下の陣地を選択しました」(慶應・林監督)。その言葉通り、後半開始直後からタイガージャージが牙をむいた。開始直後にラインアウトからトライを奪われ、一気に流れは慶應へ。5分には山口(真・政経4)が相手のパスをインターセプトし、トライを奪うも、これがこの試合唯一奪ったトライになってしまった。

 その後はセットプレーが安定せず、「アタックでは何がやりたいか分からなくなってしまうところもあった」(山口真)と、FWBKの連携も精彩を欠いた。
 後半22分には主将西原(政経4)がシンビンで退場になるなど、完全にチームは崩壊。慶應に立て続けにトライを奪われ、そのままノーサイド。終わってみれば、5−39と大差を付けられ敗北を喫した。



 試合後、「自分たちの練習してきたことをやるだけ」と口にする選手たち。だが、次の筑波大戦まで残された時間は一週間。自分たちのやりたいラグビーを実現させるため、わずかな期間でチームを建て直せるかがカギとなるだろう。これからは強豪校との対戦が待ち受ける。もう、甘えは許されない。

[西村元英]
◆先発メンバー&リザーブ◆
(下段のカッコは交替時間)
1.PR茅島 雅俊(商2)
9.SH秦 一平
→20.下村(後半25分)
16伊吹 誠介(政経4)
←2.鈴木(後半26分)
2.HO鈴木 亮太郎(政経2)
→16.伊吹(後半26分)
10.SO田村 優(文3)
→斉藤(後半30分)
17小野 慎介(政経2)
3.PR榎 真生(政経1)
11.WTB山口 真澄
18友永 恭平(政経1)
←4.渋谷(後半26分)
4.LO渋谷 泰志(文4)
→友永(後半26分)
12.CTB溝口 裕哉
19堀江 恭佑(商1)
←6.三村(後半14分)
5.LO名嘉 翔伍(政経3)
13.CTB衞藤 陽介(営3)
20下村 真太朗(法2)
←9.秦(後半25分)
6.FL三村 勇飛丸(政経3)
→19.堀江(後半14分)
14.WTB居迫 雄大
21斉藤 春樹(農1)
←10.田村(後半30分)
7.FL西原 忠佑
※後半22分から10分間シンビン
15.FB呉 基烈
22安部 亮佑(法4)
←8.杉本(後半39分)
8.NO.8杉本 博昭
→22.安部(後半39分)


〜選手のコメント〜
吉田監督
 「早明戦など伝統の一戦と呼ばれる試合の中では明慶戦がリーグ戦で最初となるので、4月から慶応と戦える準備をしていたがうちが勝てるにはまだまだだった。自分たちの思ったラグビーができず慶応の素晴らしいラグビーに敗れてしまった。
 フォワードについては密集のときの力で明治は慶応より劣っているのは夏の合宿の時点で慶応のほうが完成度や成長の伸びが良かったので自負していた。しかしこちらも精度は高まってきてるのでまとまるときの力の強さというものを1人1人が意識させていきたい。しかし、今いる人材でどれだけラグビ-ができるかを考えているので昔から明治はフォワ-ドと言われているが特別フォワ-ドだけを伸ばそうとかは思っていない。
 夏合宿では圧倒されたが、対等でやれるという自信もついたし強豪相手にどう戦うかは選手たちにも良い勉強になったので、今日の試合は決して悲観してない。
 トータルでは負けたが明治が勝ったところもあった。最終的にはトータルでも勝てるようにこれから修正していきたい」。

西原主将
 「想定している展開だったけれど、少ないチャンスを活かすことができなかった。前半は風上で陣地を取りたかったけど、相手ボールにしてしまってボールを持つ機会自体少なかった。FWとBKの連携もうまくいってない。FWは前半劣勢で絶え続けたけど、後半は我慢ができなかった。次の筑波は普通にやれば勝てる相手。この1試合で流れを悪くしないようにしっかり修正して挑みたい」。


 「試合の最初はよかったのだが、トライをされて受けに回るようになってしまった。こちらのミスでトライをされてしまい、点差ほどは力の差がある相手ではなかったと思う。筑波戦では正面から勝ちたい」。

鈴木
 「とりあえず、風が強くミスが多かった。大事な試合だと言うことで、緊張してしまった。練習から意識しなくてはいけない。 筑波はあと一週間。地元なので、しっかり意識して勝てるように頑張りたい。気持ちを切り替えて、引きずらないようにしたい」。

渋谷
 「前半は行けると思った。今日はFWとしては悪くない試合だったと思う。しかし、自分たちのやりたいことを慶應に先にやられてしまい流れをつかめなかった。オフ明けのビデオミーティングで自分たちで話し合って、筑波戦やその先につなげたい」。

名嘉
 「強風などに対する準備が足りていなかった。今日は慶応に対して全くというほど練習してきたことができなかった。ミスから失点することも多かった。接点ではそんなに相手の激しさは感じなかった。次の筑波戦までにしっかり立て直してチームが変わったというところを見せたい」。

杉本
 「相手と力の差があるわけではないけど、こっちは最後のツメが甘かった。モールはその人数で止められると思っていたけど、それも考えが甘かった。これからはプレーの精度を修正していかないといけない」。


 「今日は自分たちのやるべきことができなかった。調子もよくなくて、自分のミスからリズムをくずしてしまいチームに迷惑をかけてしまった。(敗因は)大切なところでのミスや、やらなきゃいけないという気持ちが足りなかったことにあると思う。日頃やっていることができていなかった。慶応はミスしてもカバーが早く、明治よりチームがまとまっていた。課題はいっぱいあるが、もっと体を張るプレーができたと思う。筑波戦ではこんなプレーをしていたらチームの迷惑になるだけ。もっと練習したい」。

田村
 「何も出来ず、レベルの差を感じた。FWBKのコントロールも不足していた。慶応は風をうまく使っていたし、接点も厳しかった。最初のキャッチミスから始まって、キック処理ミスからのトライとミスにミスが続いてしまい、雰囲気の悪さを途切れさせることができなかった。キャプテンが抜けたらもっとまとまらなくちゃならない。(足のケガは)無理して自力で歩いて帰って腫れることのないように予防しているだけ。全然問題ないし、たとえ足がどうなっても出続ける責任が自分にはある。開き直ってというわけじゃないが、次からまたやっていくしかない」。

山口(真)
 「前半風上だったが、自分たちのミスから流れをつぶしてしまいそれが後半まで響いてしまった。個人の能力では相手に劣っていないと思うが、チームのまとまりという点で慶応が勝っていた。今日ディフェンスはできていたが、アタックで何をしたいかわからなくなってしまうところがあった。これから小さなところも修正して精度を上げていくしかない」。

溝口
 「前半力の差は感じなかったけど、後半は自分たちのミスで相手に流れを渡してしまった。今日みたいな試合をやってたら今後は勝てないと思うので、修正して、DFからトライを取れるようにしたい」。

慶應・林監督
 「風の強い中難しいゲームだった。今日はコイントスで勝ったが、始めに風下を選んだのは、春、夏とやってきて明治のFWが強いと思わなかったから。強いチームは始めにリードすることが大切だと思っていたからが、そうは感じなかった。監督になってから初めての5勝目を挙げることができたからうれしい。試合内容にも満足している。明治用にプランを考えていたが、今までの明治のDFとまったく違ったから、今までの戦術に戻してプレーした。それがきちんとできたんだと思う」。

◆2009年・関東大学対抗戦Aグループ星取表◆※11・1現在
(明治戦スコアをクリックするとその試合の記事をご覧になれます)
帝京大早稲田日体大慶応筑波大明治成蹊大立大勝敗順位
帝京大
●3−6
○30−10
12・5 秩父宮
14:00
●0−7
11・22 秩父宮
14:00
11・8 帝京大G
14:00
○45−0
2勝2敗
早稲田
○6−3

11・7 秩父宮
14:00
11・23 秩父宮
14:00
○50−5
12・6 国立
14:00
○106−0
○94−5
4勝
日体大
●10−30
11・7 秩父宮
14:00

●0−50
12・5 秩父宮
12:00
●13−38
○45−36
11・15 熊谷
14:00
1勝3敗
慶応
12・5 秩父宮
14:00
11・23 秩父宮
14:00
○50−0

○34−3
○39−5
○59−15
○47−12
5勝
筑波大
○7−0
●5−50
12・5 秩父宮
12:00
●3−34

11・8 ユアテック仙台
13:00
11・22 熊谷
12:00
○20−7
2勝2敗
明治
11・22 秩父宮
14:00
12・6 国立
14:00
○38−13
●5−39
11・8 ユアテック仙台
13:00

○69−12
○24−5
3勝1敗
成蹊大
11・8 帝京大G
14:00
●0−106
●36−45
●15−59
11・22 熊谷
12:00
●12−69

11・29 上柚木
12:00
4敗
立大
●0−45
●5−94
11:15 熊谷
14:00
●12−47
●7−20
●5−24
11・29 上柚木
12:00

5敗

◆2009年・関東大学対抗戦Aグループ明治試合日程◆
(スコアをクリックするとその試合の記事をご覧になれます)
月日対戦相手場所開始時間結果
9・12日体大ニッパツ三ツ沢15時
○38−13
10・4成蹊大熊谷12時
○69−12
10・17立大熊谷12時
○24−5
11・1慶応秩父宮14時
●5−39
11・8筑波大ユアテック仙台13時
11・22帝京大秩父宮14時
12・6早稲田国立14時


ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: