検索
 HOME > ラグビー部


八幡山日誌  (61)10月31日 天王山慶応戦に向け、前日練習  

 
 慶応戦を前日に控えたこの日、スタメンの選手たちは軽めの調整で明日に備えた。

 ウォーミングアップを行った後、流れの中でプレーを確認。40分程度の全体練習を終えた後は、自主練習で今日の練習を締めくくった。

 「今までやってきたことを発揮するだけ」と口を揃え、プレーの仕上がりに自信をのぞかせた選手たち。明日は大差で負けた夏の雪辱を果たし、大学日本一へ大きな一歩を踏み出して見せるはずだ。

[石川雄治]
◆明日の先発メンバー&リザーブ◆
1.PR茅島 雅俊(商2)9.SH秦 一平(法2)
16伊吹 誠介(政経4)
2.HO鈴木 亮太郎(政経2)10.SO田村 優(文3)17小野 慎介(政経2)
3.PR榎 真生(政経1)11.WTB山口 真澄(政経4)18友永 恭平(政経1)
4.LO渋谷 泰志(文4)12.CTB溝口 裕哉(政経2)19堀江 恭佑(商1)
5.LO名嘉 翔伍(政経3)13.CTB衞藤 陽介(営3)20下村 真太朗(法2)
6.FR三村 勇飛丸(政経3)14.WTB居迫 雄大(法3)21斉藤 春樹(農1)
7.FR西原 忠佑(政経4)15.FB呉 基烈(政経4)22安部 亮佑(法4)
8.NO.8杉本 博昭(商3)

〜選手のコメント〜
茅島
 「明日は大舞台ということで緊張もあるが、すごく楽しみにしている。食事の面からも試合に向けてしっかり調子を整えていく。第一列は下級生ばかりだが、まとまって頑張っていきたい。明日はセットプレーの安定やラインアウトがカギになってくると思う。FWで取るところはしっかりとりにいく」。

鈴木
 「今日の練習は明日が慶応が相手ということもあり、みんな少し固くなっていた。しかし、今日の練習はスコッド外の選手も練習を見ていたし、チームはいい雰囲気でいけている。ラインアウトはバッチリなので明日は大丈夫なはず。相手のFWが4年生ばかりなのに対してこちらは若いので、スクラムでは負けずにどんどん押していきたい。慶応に夏は負けているので、借りを返します。必ず勝ちます」。


 「準備は万全。明日は自分のためだけじゃなく人のためにプレーする。今年のチームはFWがあまり強くないと言われているが、明日は明治のFWが強いということを証明し、汚名返上する。強いFWと走るラグビーが融合した明治のラグビーが見せれるはず。全勝優勝すると宣言した監督のためにも明日は勝ちたい」。

渋谷
 「ちょっと気負いすぎかもと思われる部分もあるが、Aチームならではの緊張感・集中が漂っていていい。Bチームでは(自分の動きは)納得しているから、その力を上でも見せてこいと言われた。自分にとってはここがスタート。がむしゃらさが求められていると思うので、守りに入らず攻めていきたい。ジュニアから上がってきたものとして、チームを盛り上げたい」。

名嘉
 「明日は前半でうまくハマれば勝てる。結果を残せば、勝ち続ければチームの自信にも繋がるし、いい流れに持っていけるはず。自分たちのラグビーを体現したい。下馬評ではセットプレーでは慶応有利とされているので、まずそれを覆す。明日は死ぬまで走ります」。

三村
 「明日は自分たちのやってきたことをやれば接戦で勝てる。アタックはしっかり前に出て、ディフェンスは低く入っていく。慶応は2人目の寄りも早いので、ズラすことよりも、逃げずにしっかり体を当てて突っ込む。そこを逃げていたら流れはつかめないと思う。春の慶応戦はケガで前半で交代して、夏は大敗したので、明日は自分ができるすべてを出し切ってチームに貢献したい」。

西原
 「今までの試合はアタック8割、ディフェンス2割だったけど、明日はアタック2割、ディフェンス8割になると思う。少ないチャンスを確実にモノにして、取れるところでしっかり取る。三列はこっちに分がある。とにかく勝負の世界なんで、最後まであきらめずに一生懸命プレーする」。

杉本
 「明日の試合に向けていい雰囲気でやれている。今日の練習ではいろんなサインの再確認をした。明日は自分たちのやってきたことを出すためにシンプルな戦い方をする。ラインアウトやスクラムは試合中に出た課題を修正しながらやっていく。 明日の試合ではまずナンバー8としてボールを持って進まないことには始まらないので、その上でしっかりゲインをしていきたいと思います。自分の出た試合では慶応にはまだ一度も勝ったことがないから絶対に勝ちたい」。


 「(スタメンで今回のような大一番を迎えるのは初めてだが)多少緊張しているだけでそれ以外はない。積極的に声を出して自分のプレーをするだけ。プレーごとにしっかりコミュニケーションをとって、修正をする。まずは点を取られないようにして、少ないチャンスを確実にとっていきたい」。

田村
 「今までの相手には悪いが、自分の本来のシーズンは明日の試合から始まると思っている。それに照準を合わせてやって来たので問題はない。スキルうんぬんよりも気持ちで勝つ。明日は自分を抑えて、みんながやりやすいようにやる」。

山口(真)
 「今日の練習はいつもと違って緊張した雰囲気だった。慶応のアタックを想定したディフェンス、慶応のディフェンスを想定したアタックの対策はできている。相手はタックルが持ち味だけど、受けに回らず、それを跳ね返すぐらいの気持ちでプレーする。慶応BKは外がディフェンス弱いので、展開して勝負したい。自分が一番外ので、BK陣を動かしていきたい」。

溝口
 「明日は伝統の一戦なので、緊張している。明慶戦を観て憧れる人もいると思うし、こういう試合でプレーできることは特別なことだと思う。慶応とは夏に対戦して、向こうはまとまりがあってチームとして完成していると思った。慶応はBKにいい選手がいるけど、気持ちでディフェンスして、絶対に抜かせない。トイメンが増田なので、キープレーヤーをしっかり止めて、相手に勢いを与えないようにしたい。アタックでは、とにかくゲインしてチャンスをつくりたい」。

衞藤
 「今回の一戦は伝統もあるし結果を出さないといけないというプレッシャーもあるが、とにかくやるだけ。BKは駆け引きが重要になるので、ゲームの流れの中で修正をきちんとしていきたい。ロースコアになると思うが、少しずつ点を積み重ねたい」。

居追
 「立大戦前までチームのまとまりがなかったが、みんな慶応に勝ちたいという気持ちをしっかり持てるようになり、ここ1週間でチームがまとまってきた。明日はディフェンスがポイントになると思う。アタックは自信があるので後はいつも通りリラックスして自分たちのプレーを信じてやるだけです」。


 「慶応は長いキックを蹴ってくるので、こっちもSOと自分でしっかりキックを蹴って負けないようにしたい。後ろからチームをしっかりとコントロールして、バックススリーなのでトライを取って勝利に貢献したい。明日は体を張って、とにかく勝つ」。

◆2009年・関東大学対抗戦Aグループ星取表◆※10・31現在
(明治戦スコアをクリックするとその試合の記事をご覧になれます)
帝京大早稲田日体大慶応筑波大明治成蹊大立大勝敗順位
帝京大
●3−6
○30−10
12・5 秩父宮
14:00
●0−7
11・22 秩父宮
14:00
11・8 帝京大G
14:00
○45−0
2勝2敗
早稲田
○6−3

11・7 秩父宮
14:00
11・23 秩父宮
14:00
○50−5
12・6 国立
14:00
○106−0
○94−5
4勝
日体大
●10−30
11・7 秩父宮
14:00

●0−50
12・5 秩父宮
12:00
●13−38
○45−36
11・15 熊谷
14:00
1勝3敗
慶応
12・5 秩父宮
14:00
11・23 秩父宮
14:00
○50−0

○34−3
11・1 秩父宮
14:00
○59−15
○47−12
4勝
筑波大
○7−0
●5−50
12・5 秩父宮
12:00
●3−34

11・8 ユアテック仙台
13:00
11・22 熊谷
12:00
○20−7
2勝2敗
明治
11・22 秩父宮
14:00
12・6 国立
14:00
○38−13
11・1 秩父宮
14:00
11・8 ユアテック仙台
13:00

○69−12
○24−5
3勝
成蹊大
11・8 帝京大G
14:00
●0−106
●36−45
●15−59
11・22 熊谷
12:00
●12−69

11・29 上柚木
12:00
4敗
立大
●0−45
●5−94
11:15 熊谷
14:00
●12−47
●7−20
●5−24
11・29 上柚木
12:00

5敗


>>>明日の試合慶応戦(秩父宮・14時開始)
会場では、明大スポーツ第390号の配布も行います(天候により中止の場合あり)ので、そちらもあわせてご覧ください。

●八幡山日誌のバックナンバー

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: