検索
 HOME > バドミントン部

明治を支えたゴールデンペア

バドミントン部  秋山・富永組、悔しい最終戦 「ずっと組んでくれてありがとう」/全日本学生選手権

◆10・16〜22 第60回全日本学生バドミントン選手権大会(滋賀県立体育館他)
▼男子ダブルス
 成田(法3)・小野寺(法2)組――2回戦敗退
 山本(理工3)・岩見(商2)組――2回戦敗退
 田渕(文2)・末松(政経1)組――1回戦敗退
▼女子ダブルス
 秋山(文4)・富永(法4)組――2回戦敗退
 石川(文3)・樋渡(政経2)組――4回戦進出
 村山(農3)・岡田(文1)組――4回戦進出
 インカレ3日目、学生最強ペアを決めるダブルスの1〜3回戦が行われた。4年生の秋山・富永ペアにとっては最後の試合、惜しくも2回戦敗退に終わった。1・2年生の石川・樋渡ペア、村山・岡田ペアは4回戦進出を決めた。

 まずコートに立ったのは石川・樋渡ペア。「スムーズに勝てた」と石川の言う通り、九州国際大、天理大、北翔大と3試合すべて2−0のストレートで勝利を収めた。もう一つの1・2年生ペア、村山・岡田は2回戦、昨年のベスト4である筑波大の金山・南出ペアと対戦。1セット目を落としたが、2セット目取り返しフルセットに持ち込んだ。終始リードするが20−13から最後の1点がなかなか取れず20−17まで巻き返されたが、最後まで2人で攻め切り見事奇跡の逆転勝利を果たした。続く3回戦の相手は関西学大。前の試合同様1セット目は取られたが、残りの2セット、1ポイントずつ大事に力強く攻めていき、最後は相手のアウトミスを誘い勝利、コートの上で抱き合った。「今大会のテーマは‘向かっていった’でお願いします!!」と村山と岡田は元気に言い、4回戦以降の勝利も期待させた。

 そして引退が懸かっていた4年生の二人、高校時代からダブルスを組んできた秋山・富永。大学入学後もすぐ明治のゴールデンペアとして活躍、部をけん引してきた。最後の対戦相手となったのは1部リーグで格上の日体大、佐藤・鈴木(温)ペア。佐藤は昨年のインカレでダブルス3位の強者だった。秋山・富永ペアは試合開始するとすぐに3連続ポイントを奪い、11点のインターバルまでリードを見せた。しかし60秒のインターバルが終わると日体大の逆襲が。次々と打ち込まれる高速スマッシュ、ラインぎりぎりに攻めてくる日体大に2人は反撃できず、14−21、2セット目も15−21と実力を出し切ることもできずに敗北を喫した。「押されて押されて打ち切られた」(富永)、「全部攻められちゃって悔しい」(秋山)と最後の試合は悔しさでいっぱいだった。

 でも、「4年間のすべてを出し切れなくて悔い残ってるけど、自分なりに頑張った。スポーツで(大学に)入ったからやんなきゃって感じだったけど、やってよかった」(富永)、「4年間あっという間だった。今まで助けてくれた人、応援してくれた人、本当にありがとうございました」(秋山)とすべてが終わりどこか解放感も感じているようだった。そして最後に涙ぐみながら言った、「ずっと組んでくれてありがとう」(秋山)。

[栗橋あゆみ]

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: