検索
 HOME > 硬式野球部

2打点を挙げ勝利に大きく貢献した千田

硬式野球部  謝敷復調!慶応に雪辱果たす/東京六大学秋季リーグ戦

◆9・12〜11・1 平成21年度東京六大学秋季リーグ戦(神宮球場)
▼対慶応2回戦
○明治3−1慶応
 昨日慶応に黒星を喫し、追い込まれた明治。今日負けて、勝ち点を落とせば優勝は絶望的となる。果たして勝負の行方は――。

 マウンドを任されたのはインフルエンザから復帰したエース・野村(商2)。約3週間ぶりの登板となる右腕の立ち上がりは、空振り三振を2つ奪うなどして見事三者凡退に抑える。

 その裏、荒木(郁・営3)が四球で出塁すると山口(政経3)がきっちり送り、いきなり1死二塁のチャンスを迎える。矢島(商3)がショートゴロで凡退するも、今季初めて4番に座った千田(営4)がレフトへタイムリーを放ち先制。指揮官の起用に応えた。

 5回には謝敷(商3)がセンターへリーグ戦初となる本塁打を放ち、リードを2点に広げる。やはり4番という打順はプレッシャーだったのか、打順を落とした昨日、今日で6打数3安打と当たり始めている。この男の復調は大きい。

 6回表、2死を取った後、1番漆畑(慶応)の放った打球はレフト方向へ大きく打ち上がった。ファールかフェアか。無情にも打球は切れずにレフトスタンドへ吸い込まれ、1点を返される。しかし、エースに焦る様子は見られない。その後冷静に抑え、味方の援護を待った。

 6回裏、1死から山口が四球を選び、3番矢島がセンター前への安打でつなぐと、千田の犠牲フライで1点を追加。再び2点差をつける。

 8回からは西嶋(商3)、9回からは森田(法2)がランナーを出しながらも要所を締め、無失点。粘る慶応を振り切り、接戦を制した。


 投手陣が最小失点に抑え、打線は少ないチャンスを確実にものにする。そういった野球ができれば勝利はぐっと近づくだろう。負けられない戦いが続くが、明日も勝ち、優勝へ望みをつなげてほしい。
 
[熱田祈子]

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: