検索
 HOME > バドミントン部

青学大に、インカレでのリベンジを誓う!

バドミントン部  無念!1部昇格の夢かなわず/関東大学秋季リーグ入替戦

◆9・12〜21 平成21年度関東大学バドミントン秋季リーグ戦(日体大米本記念体育館)
▼男子(2部リーグ)
○明大3−2神大
○明大4−1東京情報大
○明大3−0帝京大
▼女子(2部リーグ)
○明大3−2東京経済大
○明大3−2東海大
○明大4−1東京女子大
◆9・27 平成21年度関東大学バドミントン秋季リーグ1部2部入替戦(神奈川大学横浜キャンパス)
▼男子
 明大1−3青学大○
※この結果、本学は2部残留
▼女子
 明大0−3早大○
※この結果、本学は2部残留
 男女共に全勝で入替戦へと進んだ明治だったが、1部校との力量差を前に敗退。1部昇格の目標は来春へ持ち越しとなった。


 「悔しい……」。試合終了後、主将・中嶋(法4)はやっとの思いで口を開いた。4年生の中嶋たちにとっては、今回が最後のリーグ戦となる。それだけに「勝たないと意味がなかった」(中嶋)。しかし、結果は青学大の前にあえなく敗北。自身の最後を花道で飾ることはできなかった。

 4年間を通して掲げてきた「1部昇格」とういう目標は達成できなかった。しかし、10月16日から始まる全日本学生バドミントン選手権大会では、奇しくも入替戦で敗れた青学大との団体戦がある。「しっかり準備をしてリベンジしたい」(中嶋)。リーグ戦での悔しさを胸に、4年間の集大成を全力でぶつける。


〜秋季リーグ戦、ハイライト〜

 男子は、初戦の淑徳大との試合で第1シングルス、第2シングルスをいきなり落としどうなるかと思われたが、その後は、安定したダブルス2つと第3シングルス・橋本(政経1)の頑張りで乗り切った。その後、東海大、神大と拮抗(きっこう)する試合が多く、選手それぞれに課題はあったが、明治が総合力で上回った。特に神大との試合では第3シングルスの橋本がギリギリまで追い込まれたが、1年生とは思えない冷静な試合運びで相手の強打を封じ込め、重圧を跳ね返し勝負をものにした。
 女子は、初戦の日女体大、2日目の帝京大戦を圧勝し順調な滑り出しだった。しかし3日目の東京経済大戦では、第1シングルス、第2シングルスを落とす苦しい展開も、第1ダブルス、第2ダブルス、そして第3シングルスの森(商1)が踏ん張りなんとか勝利を収めた。最終戦では、地力で勝る明治が東京女子大に勝利し、入替戦への切符を手に入れた。

[栗橋あゆみ・片山裕章]

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: