検索
 HOME > バドミントン部

青学大に押される村山・岡田ペア

バドミントン部  男女共に結果残せず/東京都大学対抗選手権

◆6・14〜17 会長杯争奪 平成21年度 第1回東京都大学対抗バドミントン選手権大会 (葛飾区総合スポーツセンター)
▼6・15 男子
・1回戦
○明大B 5―0 日大経済学部B
・2回戦
 明大A 2―3 日大C
○明大B 3―0 桜美林大
・3回戦
 明大B 0―3 法大
▼6・16 女子
・2回戦
○明大A 5―0 東洋大B
○明大B 4―1 日女体大B
・3回戦
○明大A 5―0 駒大
 明大B 1―3 青学大A
・4回戦
 明大A 1―3 青学大B 
  
 東京都バドミントン協会主催で、今年から東京都大学対抗選手権大会が始まった。2複3単の団体戦、トーナメント方式で争われ、会場は選手たちの熱気に包まれた。明大は男女共それぞれA、Bの2チームに分かれ出場した。

 15日に行われた男子の試合。明大Bチームは1、2回戦を危なげなく勝利し、3回戦、法大との戦いに挑んだ。しかし、1部校の力を見せつけられ0―3のストレート負けとなった。一方、明大Aチームはリーグ戦でも活躍したメンバーで固めたが、初戦の日大に2―3と惜敗。「ふがいない」(中嶋主将・法4)と接戦をものにできなかった悔しさをあらわにした。

 16日に試合を行った女子は、またしても青学大に敗れる結果となった。青学大は、先月1部残留を懸けた春季リーグの入替戦で、痛い敗北を喫した相手だ。明大Bチームは東女体大Bを下して青学大Aとの試合に臨み、1―3で敗北。明大Aチームは東洋大B、駒沢大を下して勝ち進み青学大Bとぶつかったが、1―3で勝利を逃した。今大会で「リベンジを果たしたかった」(富永・法4)本学だが、相手の攻撃に終始圧倒される試合となってしまった。「(相手に)押されて押し返せなかった。基本的な事が大切だと再確認しました」(富永)。

 第1回となった今大会を満足のいく結果で終わらせることはできなかった。実戦を通して発見した課題を克服していくことが、今後の飛躍につながるだろう。

[栗橋あゆみ・二瓶仁志]

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: