検索
 HOME > 硬式野球部

先制のきっかけとなるツーベースを放った山内(慎)

硬式野球部  紫紺の応援を背に早稲田に雪辱/東京六大学春季リーグ戦

◆5・17 平成21年東京六大学野球春季リーグ戦(神宮球場)
▼対早稲田2回戦
○明治5−3早稲田

 天候が心配された本日だが、対早稲田2回戦は開催された。どんよりとした雲に覆われた神宮球場。なにか一波乱起こりそうな、そんな天気だった。早稲田の先発は昨日と同様斎藤佑樹。昨日抑えられた投手を相手に、どう打線が奮起するかに注目が集まった。

 初回、先頭の山内(慎・法4)がいきなりセンターオーバーのツーベースヒットを放つ。遠山主将(商4)が確実にバントを決め三塁に送ると、続く謝敷(商3)がセンターへ飛距離十分の犠牲フライ。見事初回に先制点を挙げた。2回にも多田(政経4)のレフト前ヒットから、上本(商1)がタイムリーツーベースヒットで追加点を挙げた。5回斎藤から松下(早稲田)に代わっても、相手ショートのエラーで上本が塁に出ると、遠山主将がレフト前タイムリーツーベースヒットを挙げ、確実に得点を稼いだ。

 先発の難波(情コミ2)は、5回まで毎回奪三振の好投で早稲田打線をテンポ良く抑えた。しかし、突如ピンチは訪れる。簡単に2アウトとした7回表、早稲田が反撃ののろしを上げた。連続ヒット、フォアボールなどで2失点。さらに満塁のピンチが続くも、ここは難波が踏ん張った。早稲田の渡邊に対しこん身のストレートで詰まらせると、勢いのない打球は難波のグラブへ。見事ピッチャーゴロ併殺打で逆転のピンチをしのいだ。
 
 7回、8回にも追加点を挙げ、このまま勝つかと思われた9回。早稲田もあきらめてはいなかった。難波がデッドボールからの連続ヒットで1アウト満塁のピンチを迎える。ここでマウンドは野村(商2)に託された。前日神宮デビューからの9連勝記録が止まり、初黒星を喫したエース。その悔しさを力いっぱい込め、投げ込んだボールは自己最速149キロをたたき出した。最後は宇高(早稲田)を見事三振に抑え、1回戦の雪辱を果たした。
 

この日1塁側学生スタンドは紫紺一色に染まった
 紫紺の日が開催されたこの日、明治側の学生席は今年も学生で満員になった。選手たちにも学生の熱い声援が伝わり、大きな力を与えた。明日も勢いこのままに早稲田を倒し、勝ち点奪取してくれるだろう。

[中原靖子]

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: