検索
 HOME > 硬式野球部

初黒星を喫した野村

硬式野球部  エース野村、魔の初回/東京六大学春季リーグ戦

◆5・16 平成21年度東京六大学野球春季リーグ戦(神宮球場)
▼対早稲田1回戦
 明治0ー7早稲田○

 暗雲立ちこめる神宮球場。まるで今日の試合を案じているかのようだった。明治・野村(商2)、早稲田・斎藤の両エース対決で幕を開けた、宿敵早稲田との第一ラウンド。早稲田打線に野村が捕まり、7−0の完敗で初戦を落とした。

 どうした野村――。ここまで抜群の安定感を見せ、エースにふさわしい成績を残した残してきた野村が初回に捕まった。2アウトからヒットを許すと、フォアボールを挟んで三連打を浴び4失点を与えてしまう。3回にも失点を重ね、この回でノックアウト。野村が5回持たずしてマウンドを譲る光景を誰が予想できたであろうか。

 これまで野村に何度も助けられてきた打線。予期せぬエースの降板に何としてでも援護したいところだったが、尻上がりに調子を上げた斎藤の前に三塁すら踏むことができない。最終回も大石から得点を奪えず完封負け。今季7戦目にして初めて黒星を喫した。

 初戦は落とした。しかし、今回の負けを引きずることなく、切り替えて明日の試合に臨んでほしい。明日は難波(情コミ2)の先発が予想される。同級生野村のリベンジを果たしてほしい。

[鳥居広明]

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: