検索
 HOME > 硬式野球部

先制点を挙げた安田

硬式野球部  打線好調で、立教に快勝/東京六大学春季リーグ戦

◆5・9 平成21年度東京六大学春季リーグ戦(神宮球場)
▼対立教1回戦
○明治9−0立教
 初夏を感じさせる気温の中、神宮球場では対立教1回戦が行われた。1週空いての今試合、明治は3投手の継投で立教打線を零封。弾みよくリーグ後半戦のスタートを切った。

 投手陣は危なげない試合を展開。エース・野村(商2)は7回を投げ83球とリズムを崩すことはない。続く左腕隈部(商2)も8回を3人で仕留め、9回はクローザー森田(貴・法2)の好投と立教打線を完ぺきに抑えた。

 一方打線は、相手のエラーを利用し9得点を挙げた。2回、安田(文4)のライト前ヒットで1点を先制。5回には多田(政経4)と上本(商1)のレフト前ヒットで3点を追加。プロも注目する右腕戸村(立教)を打ち崩した。8、9回にも1点を挙げダメ押し。結果9対0の大勝となった。

 開幕から5連勝と波に乗る明大野球部。その中でも「後半戦は小道(法4)、安田など4年生の打撃成績が良くならないといけない」(吉田学生コーチ・政経4)と、空き週の課題になっていた2人のバットから快音が聞こえたことは、チームの雰囲気を一層良くしただろう。上り調子の紫紺軍団は「負ける気がしない!」(安田)。明日も天気同様、熱い試合を見せてほしい。


[山田慧]

◆2009年春季リーグ戦日程◆
日程第1試合第2試合
4・11
早稲田−東大
立教−慶応
4・12
慶応−立教
東大−早稲田
4・18※
明治−東大
法政−立教
4・19※
立教−法政
東大−明治
4・25※
早稲田−法政
明治−慶応
4・26※
慶応−明治
法政−早稲田
5・2
早稲田−立教
東大−慶応
5・3
慶応−東大
立教−早稲田
5・9
明治−立教
東大−法政
5・10
法政−東大
立教−明治
5・16
明治−早稲田
法政−慶応
5・17
慶応−法政
早稲田−明治
5・23
法政−明治
東大−立教
5・24
立教−東大
明治−法政
5・30
早稲田−慶応
  
5・31
慶応−早稲田
  
※はプロ併用日
2試合の日は11時開始、1試合の日は13時開始プロ併用日は10時30分開始
◆2009年・東京六大学春季リーグ戦星取表◆※5・9現在
(明治戦をクリックするとその試合の記事をご覧になれます)
明 治早稲田慶 応法 政立 教東 大勝敗順位
明治
---


5勝0敗
早稲田
---
△●●
●○○
○○
4勝3敗1分
慶応
●●
---
●○○
○○
4勝3敗
法政
△○○
---
●○○
5勝1敗1分
立教
○●●
○●●
○●●
---
3勝7敗
東大
●●
●●
●●
---
0勝7敗




ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: