検索
 HOME > 硬式野球部

初の開幕投手で完投勝利を収めた野村

硬式野球部  明治、開幕戦白星スタート/東京六大学春季リーグ戦

◆4・18 平成21年度東京六大学野球春季リーグ戦(神宮球場)
▼対東大1回戦
○明治4−2東大
 少し肌寒さも感じる気候の中、ついに明治の春季リーグ戦が開幕した。試合は大勝を期待する明治ファンの気持ちとは裏腹に接戦となったが、終盤に得点を重ねた明治が競り勝った。

 明治は今季からエースナンバーを背負う野村(商2)、東大は前田の先発で試合が始まった。東大先発の前田は100キロ前後の緩いカーブを中心に、明治の打線を打ち取っていく。一方で明治は初の開幕投手の大役を務めた野村が、初回先頭打者に死球を与えるなど、5回まで毎回のように得点圏にランナーを背負う苦しいピッチングも、要所は締め得点は許さなかった。

 互いにゼロ行進を続ける中、試合が動いたのは6回。相手の四球と失策で無死満塁のチャンスを作ると、4番小道(法4)の内野ゴロの間に三塁走者が生還、ノーヒットで先取点をたたき出した。さらに失策が絡み同点に追いつかれた直後の7回には2死二、三塁から遠山主将(商4)が左中間に適時三塁打を放ち、2点の勝ち越しに成功する。

 しかし今日の野村はどこかピリッとしない。その裏、2者連続三振で簡単に2死を奪いながら、1番の岩崎に右越えの本塁打を浴び1点差に追い上げられ、嫌な雰囲気が漂う。だがそれ以降立ち直った野村はその後8、9回を無安打に抑え、結局144球16奪三振で完投勝利。新エースの意地を見せた。

 いよいよ明治の戦いが幕を開けた。今日の試合は快勝とはいかなかったが、明日できっちり勝ち点を奪い、勢いに乗りたいところだ。


☆ルーキー上本開幕スタメンデビュー☆
 ルーキーの上本(商1)が、8番遊撃でスタメン出場を果たした。9回に打球がイレギュラーする不運な失策も記録したが、1年生とは思えない堂々としたプレーでフル出場を果たした。
次に目指すは神宮初安打だ。

☆謝敷復活の一打☆
 ケガで戦列を離れていた謝敷(商3)が神宮に帰ってきた。初回の第1打席でいきなり安打を放つと、9回にはダメ押しの犠牲フライを打ち上げ3打数1安打1打点。その存在感をアピールした。王座奪還のためにはこの男のバットは欠かせない。


[佐藤慧]

1年生ながらはつらつとしたプレーを見せた上本
1年生ながら
はつらつとしたプレーを見せた上本
復帰後初打席で安打を放った謝敷
復帰後初打席で安打を放った謝敷










ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: