検索
 HOME > バドミントン部

強豪・早大を相手にフルセットまで粘りを見せた秋山・富永ペア

バドミントン部  男女共に2回戦敗退/全日本学生選手権

◆10・3〜9 第59回全日本学生バドミントン選手権大会(いしかわ総合スポーツセンター他)

▼男子団体
・1回戦 ○明大3‐1金沢大
・2回戦  明大0‐3法大○
※これにより本学は2回戦敗退
▼女子団体
・1回戦 ○明大3‐0関西大
・2回戦  明大1‐3早大○
※これにより本学は2回戦敗退

 10月3日から石川県にて開催された全日本インカレ。4年生にとって最後の大会とあって、試合にかける選手たちの思いも一入だ。初日の団体戦では男女共に昨年と同じく2回戦敗退という結果に終わったが、それぞれ個人戦に向け課題が見える試合となった。

 男子1回戦目の相手は金沢大学。余裕とも思われたこの試合であったが、第1シングルスの福森(理工4)がまさかのストレート負けを喫し、本学に不安がよぎる。しかし第2シングルス、秋季リーグ戦でMVPを獲得し勢いにのっている田渕(文1)のストレート勝ちで本学に流れを引き戻すと、第1ダブルスの藤原( 商3)・中嶋(法3)ペア、第2ダブルスの成田(法2)・小野寺(法1)ペアと続けて勝利し、無事2回戦に進出した。
 しかし迎えた2戦目、相手は関東1部秋季リーグ戦2位の強豪・法大。圧倒的な強さで終始おされ気味であった本学はなかなか点を重ねることができず、3―0のストレート負けで2回戦敗退に終わった。
 今大会から新たに主将となった中嶋は「2回戦で負けてしまって悔しかったけど、課題も見つかったので次に生かしたい。今までのキャプテンの良い所を引き継いで、1部に勝てるようなチーム作りをしていきたいです」と、主将という責任を胸に決意を顕わにした。

 一方女子の1回戦目の相手は関西の強豪・関西大学。第1シングルスの石川がフルセットの末貴重な1勝をあげると、続く第2シングルスの南出(商2)もフルセットで白星を勝ちとる。そしてダブルスエースの富永(法3)・秋山(文3)ペアが安定した強さでこれに続いて勝利を収め、2回戦へと駒を進めた。
 2戦目の相手は秋季リーグ戦で戦ったばかりの早大。前回の試合で惜しくも2―3で負けた本学はリベンジに燃えていたものの、「自分たちの力を発揮することができなかった」(皆川・文4)と相手の力強い攻撃に思うように反撃ができない。結局昨年の全日本インカレ覇者にストレート負けを喫した。地元での戦いでもあった南出は「知り合いもたくさん見に来ていて、すごく緊張した。最初からもっと攻めていれば・・・。つめが甘かったです」と悔しげな表情で試合を振り返った。

 団体戦が終了し、残るは個人戦のみとなった。すべての選手にベストを尽くしてもらいたいが、特に今大会で引退となる4年生には、4年間の総括として悔いのない試合を見せて欲しい。



[上村淳紗]

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: