検索
 HOME > バドミントン部

ダブルスで勝利を挙げ喜ぶ女子チーム

バドミントン部  男子は好調キープ、女子は早大に惜敗/関東学生秋季リーグ

◆9・13〜22 平成20年度関東大学秋季リーグ戦(日体大米本記念体育館)
▼男子(2部リーグ)
○明大4−1淑徳大
▼女子(1部リーグ)
 明大2−3早大○

 秋季リーグ戦も3日目に突入。男子はここまで2連勝と順調な滑り出しで淑徳大に挑む。一方の女子は、1部の強豪校相手に苦戦を強いられ、2連敗と波に乗りきれないまま早大との対戦を迎えた。

 男子はニューヒーローの登場に大いに沸いた。新入生の田渕(文1)はここまで2戦2勝と絶好調。今回は第2シングルスで出場し、対戦相手を圧倒。2ー0のストレートで試合を制した。「病み上がりであまり練習ができなかった」田渕だが、それでも勝利を重ねていくあたりには、大器の片りんをうかがわせる。試合はダブルスを一つ落としたものの、4ー1と大勝した。

 女子はダブルス陣が大健闘を見せた。第1ダブルスの秋山(文3)・富永(法3)ペアは、第1セットを接戦の末惜しくも落としたものの、第2セットでは相手を全く寄せ付けず、試合はファイナルセットへともつれた。結果、ファイナルでも順調にポイントを重ねていき、セットカウント2―1で逆転勝利を収めた。「1セット目は取られたけど、逆に思いっきりプレーする事ができた」(富永)第2ダブルスの皆川(文4)・村山(農2)ペアは、第1セットで苦戦を強いられたがなんとか制した。勢いそのままに第2セットも勝利し、ゲームカウント2ー0のストレート勝ちを収めた。ダブルス2組が白星を挙げ、1部での初勝利も見えてきたが、シングルス陣の不調もあり、結局試合は2ー3で惜敗してしまった。だが、早大をここまで苦しめた事は評価に値し、次の日体大戦に期待が持てそうだ。

 次戦4試合目は9月21日。男子はこのまま全勝優勝を目指して、女子はミスをなくし、まずは1勝を目指して…。選手たちの奮闘に期待したい。

[片山裕章]

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: