検索
 HOME > バドミントン部

故障を抱えながら好調をキープする鈴木

バドミントン部  熱を増すリーグ2日目/秋季リーグ戦

◆9・13〜22 平成20年度関東大学バドミントン秋季リーグ戦(日体大米本記念体育館)
▼男子(2部リーグ)
〇明大3―2神大
▼女子(1部リーグ)
 明大1―4法大〇
 リーグ戦2日目、初日の疲れを物ともせず試合はさらに熱を増してきた。

 女子は春季覇者の法大と対戦。第1シングルス試合開始直後、石川(文2)にアクシデントが。相手がネット前から放った鋭いプッシュが左目に直撃した。「前が見えなくなった」というほど石川の左目は腫れ上がっていた。石川はしばらく目を抑えていたが、「やるしかない。負けてもいい試合をすれば勇気を与えられる」とコートに戻った。言葉通り、敗北を喫したものの粘りのあるプレーを見せ次につなげた。

 第2シングルスの鈴木(商3)は、昨日の肉離れと捻挫をテーピングで固めての出場。気迫のこもったプレーで1セット先取したが、逆転敗けとなってしまった。

 その後、秋山(文3)・富永(法3)の黄金ペアがフルセットの末勝利を収めた。しかし皆川(文4)・村山(農2)ペア、南出(商2)は善戦するも敗退。結果、1―4で2つ目の黒星を付けられた。

 一方、全勝優勝・1部昇格を目指す男子。昨日から勝利の波に乗っている田渕(文1)、中嶋(法3)・藤原(商3)ペア。田渕は第1シングルスのプレッシャーをもエネルギーに代え、キレのある素早いプレーで圧勝。中嶋・藤原ペアも長いラリーを制しストレート勝ちを決めた。代重(政経4)・中口(商4)ペアは組んでから間もないが、4年の底力と安定感あるプレーで勝利。2勝目を挙げ、1部昇格へと突っ走る!

[栗橋あゆみ]

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: