検索
 HOME > バドミントン部

試合後、円陣を組み気合を入れ直す男子チーム

バドミントン部  明暗分かれた初戦/関東大学秋季リーグ戦

◆9・13〜22 平成20年度関東大学バドミントン秋季リーグ戦(日体大米本記念体育館)
▼男子(2部リーグ)
〇明大4‐1帝大
▼女子(1部リーグ)
 明大1‐4筑波大〇


 ついに開幕した秋季リーグ。男子は悲願の1部昇格のため2部全勝優勝を目指し、女子は1部昇格後初勝利を懸け奮闘した。

全勝優勝に向けまずは1勝――男子チーム

 男子第1シングルスに出場したのは期待のルーキー田渕(文1)。風邪の影響による調整不足が心配されたが、持ち味の冷静さを存分に発揮しストレート勝利を飾った。「明日以降も常に冷静に、ミスを少なく頑張りたい」(田渕)。第2シングルスでは増渕主将(法4)がまさかの黒星を喫したが、その後チームは1セットも失わずに初戦をものにした。

 特に春季リーグからの成長を伺わせたのがダブルス陣。藤原(商3)・中嶋(法3)ペアは息の合った安定したプレーで、ペア結成3年目の円熟度を見せた。成田(法2)・小野寺(法1)ペアはスピード感溢れる試合展開で相手を圧倒。春季リーグでの不安定なイメージを払拭した。「春と違って緊張はしなかった。チームの優勝のために盛り上げていきたい」(小野寺)。

 全勝優勝のため好スタートを切った男子チーム。実力派の1年生、急成長の2・3年生、安定感のある4年生と、近年まれに見るレベルの高さである。レギュラー争いが激化しながらも、今年度からベンチの応援にも力を入れチームには一体感が生まれている。「どのチームも勢いはある。けど勢いだけで負けるほどやわくない。土台には自信がある」(増渕主将)と士気も高まる。
 2部リーグの王座に長く君臨していながら、1部昇格の夢は遠かった。しかし今年は勝負の年となるだろう。4度の入替戦で負けている宿敵・青学大を撃破するのは、今年しかない。


1部のレベルを痛感――女子チーム

 春季リーグで1部返り咲きを果たし、今季まずは1勝を目指す女子。しかし1部の壁は厚く、苦戦を強いられた。
 緩急をつけた相手のプレーに翻弄され、思うようなプレーができない第1シングルスの石川(文1)。コースアウトなどのミスも目立ち、第1セットを失ってしまう。しかし続く第2セットでは石川らしい粘り強さを見せ連続8ポイントを奪うなど善戦。だが最後は相手が持ち直し、黒星スタートとなった。
 続く第2シングルスの南出(商2)、第1ダブルスの秋山(文3)・富永(法3)ペアは第1セットを奪うものの、終盤冷静さを失い勝利を挙げられない。「足は動いてたし良い試合はできた。けど最後、あっちの方が上手かった」(南出)。1部校のマッチポイント間際の強さ痛感させられる結果となった。
 明るい材料となったのは第3シングルス鈴木(商3)の勝利だろう。当日の朝に足首を捻挫した鈴木だか、コートでは故障を感じさせない積極的なプレーを見せた。「組み立てた通りのラリーができて満足。攻め急がずに冷静に試合ができた」(鈴木)。

 2日目は因縁の相手、法大。昨年の入替戦で破れ2部リーグ降格となった本学のこの試合に懸ける思いは強い。「今回は向かう立場。思い切りぶつかりたい!」(南出)。意地を懸けたリベンジマッチに期待したい。

[紅谷春那]

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: