検索
 HOME > バドミントン部

冷静なプレーでシングルス、ダブルス共に活躍を見せる南出

バドミントン部  シングルスで女子選手活躍/関東学生選手権

◆6・2〜27 平成20年度関東学生バドミントン選手権大会(立川市泉市民体育館他)

〈男子ダブルス〉
▼小野寺(法1)・田渕(文1)組、安部(法1)・阿蘇(理工1)組、竹中(営2)・矢崎(商2)組、福田(政経2)・濱口(政経2)組、成田(法2)・山本(理工2)組、福森(理工4)・木村(商3)組――1回戦敗退
▼増渕(法4)・代重(政経4)組――2回戦敗退
▼中口(商4)・岩見(商1)組、中嶋(法3)・藤原(商3)組――3回戦敗退
〈女子シングルス〉
▼皆川(文4)、富永(法3)、樋渡(政経1)――1回戦敗退
▼三井(農1)――2回戦敗退
▼村山(農2)――3回戦敗退
▼秋山(文3)、鈴木(商3)、石川(文2)、南出(商2)――4回戦進出

 大会3日目となるこの日、男子ダブルスと女子シングルスの1〜3回戦が行われた。東日本インカレ、全日本インカレを目指し着実にスキルアップを図る女子は順当に勝ち上がり、4回戦進出が4人と好成績を挙げる。一方男子は、シングルスの悔しい結果をバネに奮起を誓っていたが強豪に阻まれ、4回戦出場を決めたペアはいなかった。

 初戦で次々と敗退していく男子選手たちの中で活躍を見せたのは、中口・岩見組。春季リーグでは1年生と4年生のペアで力の差があり、結成して間も無かったためプレーが噛み合わず苦戦を強いられた。しかし今大会では息が合ったプレーで成長を見せる。3回戦で1部校のペアに敗れるも、「プレーの質の差を感じたけれど、良い経験になった。中口先輩の球がもっと生かせるように頑張る」(岩見)と士気を高めた。

 すでに秋の全日本インカレを視野に入れている女子は、秋山・鈴木・石川・南出が4回戦進出でベスト32以上を決めた。特に南出は冷静なプレーで終始相手を圧倒。3回戦では相手に2点しか与えずにセットを奪った。「落ち着いて自分のプレーができて満足」(南出)と笑顔を見せた。南出はダブルスでも4回戦進出を決めており、これからの活躍から目が離せない。

 18日には千葉ポートアリーナで男子・女子シングルスの4回戦が行われる。福森、秋山、石川、南出が頂点を目指し、熱い戦いに挑む。

[紅谷春那]

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: