検索
 HOME > 硬式野球部

4年ぶりの神宮勝歌まで、あと1勝だ

硬式野球部  緊急企画 君は「神宮勝歌」を歌えるか?!

 
 明治大学に伝わる数々の応援歌の中でも、六大学野球優勝の暁にだけ歌われる歌があることをご存知だろうか?東京六大学野球春季リーグ戦にて、本学硬式野球部は現在勝ち点4。今週の法政戦で勝ち点を挙げれば、8季ぶり32回目のVとなる。

 今回、明治大学應援團に協力を頂き、幻の応援歌ともいえるこの「神宮勝歌」を紹介する。主に優勝後のパレードなどで歌われるこの歌だが、6年ぶりとなった前回の優勝時には、應援團以外で歌える者も少なかったという。まずは聞き、覚えて、4年ぶり歓喜の瞬間にそなえてみよう!

神宮勝歌


一、

黎明の森に若草燃えて
滾り立つ我等が血潮
母校の勝利君と知る
感激の校歌歓呼の声
今こそ見よ
帝都の森を制する我等
かてり(明治)かてり(明治)
神宮の王者

二、

歴戦の森に陽光は昇り
名に負う雄々しき姿
母校の勝利君と仰ぐ
紫紺の校旗興奮のるつぼ
今こそ見よ
母校の愛に燃えたつ我等
かてり(明治)かてり(明治)
神宮の華

三、

黄昏の森に月影落ちて
想いは一つ学舎の窓
母校の勝利君と誓う
正義の使命不滅の歴史
今こそ見よ
勇者の誉高める我等
かてり(明治)かてり(明治)
神宮の覇者

[協力:明治大学應援團]

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: