検索
 HOME > バドミントン部

最優秀選手に選ばれた(右)増渕主将と(左)石川

バドミントン部  男女共にリーグを制覇!/関東大学春季2部リーグ戦

◆4・19〜29 平成20年度関東大学バドミントン春季2部リーグ戦(日体大米本記念体育館他)
▼男子 ○明大3‐1神大
▼女子 ○明大3‐0東女体大
 優勝争いのため激しく火花を散らしたリーグも最終日を迎え、男女共に優勝への望みをつなぐ最後の戦いに挑んだ。「優勝は絶対」という重圧の中で苦戦を強いられながらも、1部昇格という目標に向かいチーム一丸となって戦った。5日間という短い期間ではあったが、試合を重ねるごとに結束を強めていった。結果、男子は4−1、女子は3−0で勝利し、男女共に2部優勝を果たした。「こんなにチームがまとまって、勝ちたいと思えたのは初めて」(代重・政経4)と、この優勝はチームが団結したからこそ取れたものだった。

 女子は同じく黒星のない東女体大と対戦。優勝を懸け、し烈な戦いが予想された。しかし本学の実力は圧倒的で、1セットも与えない猛攻で相手を下し、王座を獲得した。またエース石川(文2)が2年生ながら最優秀選手に選ばれるという功績を残した。しかし「個人的には満足していない。技術面やミスなど、まだ1部のレベルではない」と満足はせず、自分のプレーを冷静に振り返った。「あくまで優勝は通過点。ここからが本当の勝負だと思う」(秋山・文3)と、チームは早くも気持ちは入替戦に向かっている。「1部で戦わないと強くなれない」(石川)と昇格に懸ける思いは強い。リベンジを果たすため、さらに士気を高め全力で入替戦に臨む。

 男子は第1シングルスに増渕主将(法4)が出場。「最初に勝って主将としてプレーで引っ張りたかった」と、積極的に攻撃を仕掛け相手エースを圧倒、優勝に大きく貢献した。そして今季一番の注目株の成田(法2)・小野寺(法1)ペアは、第1ダブルスを任された。負けはしたが熱戦を繰り広げ、今後につながる試合になったといえる。その後、第2ダブルスがきっちり勝利を収め勝利。選手全員が力を出し切り、つかんだ優勝だ。優勝の喜びも去年より大きかった。「ベンチの雰囲気がすごく良くて、チームに今までにないまとまりを感じる。総合力だったらうちが一番。臆さなければどんなチームにも勝てる、今季はそう思える」(増渕主将)。優勝の勢いをそのままに、チーム全員で1部の舞台を目指す。相手は因縁のライバル、青学大。昨年度の悔しさを晴らし、3度目の正直となるか。

 男女共に1部昇格を果たせば、総部初の快挙となる。充実した戦力、そして強い結束力。今の本学の勢いを止めるものはない。今季、明大バドミントン部が新たな歴史を刻む。


注目の入替戦
5月4日(日)日体大米本記念体育館で10時より開始。
☆アクセス☆
東急田園都市線・青葉台駅より東急バス「日体大行き」終点まで10分


☆出場選手から一言☆

●増渕主将
「プレーで引っ張れたかなと思う。背中で引っ張る主将になる!入れ替え戦は向かっていく立場。思いっ切り戦う!」

●代重
「持ち味の大胆さが出せなかった。入替戦に向けて調整したい。気持ちづくりが大事だと思う」

●中口(商4)
「悔いが残ったリーグだった。次は1年生ともっと息のあったダブルスにしたい!」

●福森(理工4)
「最上級生としてのリーグはプレッシャーもあったけど楽しかった」

●皆川(文4)
「ハラハラしたけど優勝できて良かった!個人的には去年の分も思いっ切りプレーできて良かったと思う」

●中嶋(法3)
「リーグ全部出るという目標は果たせたから良かった。秋はトップダブルスで勝ちたい」

●藤原(商3)
「楽しかった。みんな一つになって勝てた。今季は入替戦のために戦ってきたから、入れ替え戦は絶対に勝つ!」

●秋山
「優勝できて良かったけど、あくまでリーグは通過点だから入替戦が本当の勝負だと思って気持ちを切り換えたい。1部に上がります!」

●鈴木(商3)
「みんなの力でつかんだ優勝だからうれしい。個人的には課題があるから入替戦までに調整する。自分ができることをやってチームの1部昇格に貢献したい」

●富永(法3)
「優勝は簡単ではなかった。けど気持ちで負けないしようと心掛けて頑張った。気持ちを緩めずに入替戦に臨む」

●成田
「4日目に勝てたことが自信になった。気持ちで戦う!」

●石川
「ほっとしている。けど課題はいっぱい見つかった。入れ替え戦は思いっ切りいく!」

●南出(商2)
「個人的に調子が良かったので満足してる。自分のペースを保って1部を目指す!」

●村山(農2)
「リーグ戦3回目だけど緊張した。優勝はすごくうれしい!青学大には負けない!」

●田渕(文1)
「考えて思い通りのプレーができるようになった。入替戦まで4日間、やれる限りのことをやる。攻めて攻めて思い切っていきたい」

●小野寺
「緊張した。けど自分のプレーが優勝につながって良かった!」

●樋渡(政経1)
「高校のプレーとは全然違うので戸惑った。早く大学のプレーに慣れて、技術も盗みたい」

[紅谷春那]

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: