検索
 HOME > バドミントン部

増渕主将(法4)は主将としての意地を見せチームをけん引する

バドミントン部  無敗の女子、士気高まる男子、共に2部優勝へ/春季2部リーグ戦

◆4・19〜29 平成20年度関東学生春季2部リーグ戦(日体大米本記念体育館他)
▼男子
  明大2−3千葉商科大○
 ○明大3−2東海大
▼女子
 ○明大5−0神大
 ○明大4−1東海大
 会場を神大体育館に移して行われた3、4日目、いよいよリーグ戦は佳境を迎えた。明治はこれまで男女共に2連勝し、勢いに乗っている。

 3日目、女子の対戦相手はホームの神大。相手が大勢の応援を背にして向かってくるも、明治は石川(文2)や鈴木(商3)のシングルスで難なく快勝。3ゲーム目の秋山(文3)・富永(法3)ペアは本調子ではないものの、実力の差を見せ付けた。続く皆川(文4)・村山(農2)ペア、南出(商2)はストレートで勝ち、次につながる1勝となった。

 男子は、千葉商科大と対戦。増渕主将(法4)が両校エース対決で「技術じゃない。主将としてのプレッシャーに負けた」と1ゲーム目を落とした。2番手の田渕(文1)は、悪い流れを断ち切るかのように鋭いスマッシュで競り勝つも、リーグ戦負けなしを誇る藤原(商3)・中嶋(法3)ペアが接戦をものにできず敗北。続く成田(法2)・小野寺(法1)ペアはチームが息をのんで見つめる中、死闘を繰り広げ「次につなぎたいという気持ちだけだった」(小野寺)と価値ある1勝を挙げた。その思いを託された代重(政経4)は、1セット目こそ簡単に取られたものの、10点差をつけられた2セット目を怒涛の追い上げで奪取。しかし健闘も空しく、最後は千葉商科大の勢いに負け、痛い1敗を喫した。

 4日目、男女共に東海大と対戦。女子は鈴木が2ゲーム目を落とすが、その他のメンバーは安定した力で明治に流れを引き寄せた。全勝優勝に不安要素はない。最終日へ向け「絶対勝ちます!」(南出)と宣言する表情は自信に満ちていた。

 男子は前日の悔しさをぶつけるべく、絶対に負けられない一戦に臨んだ。前日とオーダーを変え気持ちを切り替えようとするが、田渕、代重がシングルスを落としてしまう。明治に暗雲が立ちこめる中、成田・小野寺ペアの気合いが明治の空気を変えた。押されていても攻める気持ちを忘れない2人が1勝を挙げると、そこから一気にチームの士気も高まった。小野寺の「盛り上げよう」という声をきっかけに、応援も最高潮。その力を背中で感じながら、藤原・中嶋ペアが渾身のプレーを見せると、増渕主将は「不思議とプレッシャーは感じなかった。燃えていた」と気迫あるプレーを見せた。最後まで緊迫した展開が続いたが、主将の意地で相手を圧倒し貴重な白星を挙げた。

 最終日4月29日、いよいよ決戦だ。女子は東女体大に勝てば2部優勝。一方男子は、神大に5−0で勝てば優勝が見えてくる。白熱する戦いに注目だ。

[寺本美沙]

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: