検索
 HOME > バドミントン部


バ道  (6)闘志を燃やす男たち、春に向け飛躍誓う  

 
毎年レギュラー争いが加熱するこの時期、今年は実力派ルーキーの参入でその熱はさらに激しさを増している。そんな中、ルーキーの勢いに待ったをかけるのはこの男たち。ダブルスを組む藤原理人(商3)と中嶋諒太(法3)の2人だ。1年の時からレギュラーとして試合に出場できない悔しさを味わってきた。今季、不安定な立場からの脱却を目指し飛躍を誓う2人の素顔に迫る。

努力の男、レギュラー定着を狙う――藤原理人

藤原理人

 全体練習後、最後までコートに立ち続ける藤原。下級生を相手に、練習とは思えない気迫でスマッシュを打ち続ける。本格派の1年生も加入し粒ぞろいの今年の男子。その中で、藤原がリーグ戦の激しいレギュラー争いに名乗りを上げた。

 藤原は自他共に認める負けず嫌い。負けた試合の後には1人反省会を開くほどだ。しかし毎回自分の課題を見つめ直すことで、着実にスキルを上げている。そんな彼の座右の銘は「継続は力なり」。勝つためには努力を惜しまない。「後輩に負けるのは絶対に嫌」と、今日も黙々と練習に励む。

 プレーの持ち味は「粘り強く攻めて、相手の嫌なところを突く」ところだという。オフシーズンは基礎体力の向上を計り、プレーの幅を広げることに成功した。努力の男が狙うのは春季リーグでのレギュラー定着。後輩にレギュラーの座を渡すまいと努力を惜しまず、大きな成長の可能性を秘める藤原が、悲願の1部昇格へとチームを引っ張っていく。

◆藤原理人 ふじわらまさと 商3 水島工高 167cm・55kg

[紅谷春那]


不屈の男、自信を胸に――中嶋諒太

中嶋諒太
 「小1の時から飽きない、楽しんでいる」と穏やかな笑顔で話す中嶋は、バドミントンというスポーツ自体が大好きだ。そんな中嶋だからこそ、これまでの2年間をあっという間だったと言うのも無理はない。

 明治に入ってからはレギュラー争いが激しく、試合に出場できない日が続いた。それでも「早く試合に出たい。でも強い先輩がいるし、実力が伴っていないから仕方がない」と自分を納得させて練習に励んできた。その後着実に力を付け、2年生の秋季リーグの試合に出場する機会を得ると、藤原とのダブルスで危なげなく勝利。「2部は戦える」と自信を持った。監督からもOBからも評価を得て「もう簡単には負けられない」と周りからの信頼に応えようとしている。

 今季から強力ルーキーの参入で、さらに激しさを増すことが予想されるレギュラー争い。「今の時期にやれることをやる。今年はきっちりやって悔いないようにする」。ルーキーの存在を意識しながらも、今自分のやるべきことをきちんと見据えている。
 中嶋のプレースタイルは、スマッシュを打って低い展開に持っていく形。1年の時から組んでいるダブルスの相方、藤原とは「以前はわからなくなるときがあった。最近は目標も一緒なのでコミュニケーションがとりやすくなった」。お互いの欠けている部分に苛立っていたころとは違い、今はお互いが精神的にも成長したことで息が合う名コンビとなった。

 目標は「トップダブルスで出て全勝すること」だ。そのためにも普段から1部の球を意識して練習。来季2部で安定したプレーを見せることはもちろん、1部昇格の原動力としても期待が懸かる。まずは今季レギュラーを勝ち取り、3年生として存在感のあるプレーを見せてほしい。

◆中嶋諒太 なかしまりょうた 法3 福岡大大濠高出 173cm・68kg

[寺本美沙]


ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: